知的財産の活用事例

世界中の事業家や発明家・クリエイターが、知的財産を活用することで製品・サービスの付加価値を高めてビジネスを発展させ、雇用機会の拡大や経済成長に貢献しています。知的財産の活用に関する様々な事例をご覧ください。

今週の事例紹介

(写真: iStock / nito100)

新たなライセンス契約合意により、ハイリスク群向けの革新的HIV予防薬の製造が可能に

ヴィーブ社と医薬品特許プールの最近のライセンス契約合意により、90の低・中所得国においてHIV-PrEP用カボテグラビル注射剤のジェネリック薬を入手できるようになります。

(写真: Netflix提供)

『神秘の丘』 (Running Up That Hill): 80年代のヒット曲が『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のおかげで数百万ドルの印税を獲得

ケイト・ブッシュのヒット曲『神秘の丘』 (原題: 『Running Up That Hill (A Deal With God)』) がリリースされてから40年近く経った今、この曲は『ストレンジャー・シングス 未知の世界』 (シーズン4) のおかげでチャートの上位にランクインしています。Netflixのドラマによって、この80年代の楽曲がいかにして再び頂点に輝いたか、ご覧ください。

(写真: iStock / Manjurul)

インドのマイクロバイオーム研究の先駆者として医療の変革に挑むスタートアップ

ヒトの体内の微生物の相互作用によって健康増進が可能なことをご存知でしょうか? インドの研究者であり、Xome Life Sciences社のCEOであるPiyush Bhanu氏は、セリアック病やグルテン不耐症などの食物不耐症を克服するための先駆的なマイクロバイオーム技術を開発しています。

(写真: ©MIT/Halsey Burgund)

人工知能: エンターテインメント業界におけるディープフェイク

従来のエンターテインメントからゲームまで、ディープフェイク技術はますます精緻になり、利用が広がっています。この技術はエンターテインメントとメディア業界にどのような影響を及ぼすでしょうか。

(写真: naratrip wboonroung / iStock / Getty Images Plus)

メタバース、NFTと知的財産権: 規制は必要か

この1年、メタバースとNFTが世界に及ぼす影響と、この新しいイノベーションに対応するための新たな規制の喫緊の必要性について議論が行われています。

(写真: Apheris社提供)

Apheris社: データ・プライバシーのジレンマを解消

データ資産のプライバシーを尊重し知的財産を保護しつつ、高度な人工知能 (AI) ツールを実現するにはどうすれば良いでしょうか。ベルリンのスタートアップ企業Apheris社は、連合学習 (federated learning) がその答えになると考えています。

(写真: Yok_Piyapong / iStock / Getty Images Plus)

オンライン・ブランドの構築と保護: 新しい起業家のためのヒント

例えばあなたがオンライン・ストアを設立してYouTubeチャンネルを開設し、アプリを開発し、投資家を確保し、素晴らしいコンテンツと商品の開発を終えたばかりの起業家だとしましょう。本稿では、オンライン・ブランドを構築しようとする新しい起業家に役立つ実用的なヒントをご紹介します。

(写真: Isabella Springmuhl氏提供)

Isabella Springmuhl氏がインクルーシブなグアテマラのデザインをファッションの世界に紹介

グアテマラのIsabella Springmuhl氏は、ロンドン・ファッションウィークに参加した最初のダウン症のデザイナーで、Down to Xjabelleというブランドを立ち上げ、固定観念を打破し、ファッションの世界でダイバーシティとインクルージョン (包括・多様性の受容) を推進しています。彼女の活動は知的財産に支えられています。

(写真: Sipa USA / Alamy Stock Photo)

男性アイドルグループBTSが知的財産を利用してレガシーを構築する方法

韓国の男性アイドルグループBTSは、これまでで最も成功しているグループの1つです。BTSはどのようにして知的財産権を利用し、楽しさに満ちた音楽の世界とさまざまな方法でファンが参加できるコンテンツを作り出しているのでしょうか。

(写真: Hyunwoo Yuk氏提供)

フジツボにヒントを得た接着剤で急激な失血を止める

毎年、何百万人もの人々が重傷や侵襲性手術による急激な失血で亡くなっています。マサチューセッツ工科大学 (MIT) の研究者Hyunwoo Yuk氏がフジツボにヒントを得て開発した歯磨き粉に似た革新的な接着剤が、この問題を軽減する可能性があります。

(写真: Lou Linwei / Alamy Stock Photo)

無形の弾丸

陶器の刻印から最新のイノベーションまで、中国のクリエーティブ経済は、常に知的財産と関わりをもってきました。今日、北京ソフトウェア情報サービス取引所は、知財の発展のための高速列車となっています。

(写真: © Gjenge Makers)

再生プラスチックで築くより良い未来

ケニアの若手起業家Nzambi Matee氏は、循環型社会の実現に取り組んでいます。環境保護活動家でノーベル賞を受賞した故Wangari Maathai氏に刺激を受けたMatte氏が、再生プラスチックを利用して低価格の建築資材を製造するGjenge Makers社を設立したきっかけについて説明します。

(写真: Duolingo社提供)

Duolingo: AIのフクロウと一緒に新しい言語を学習

世界をリードするモバイル学習プラットフォームを運営するDuolingo社は、人工知能 (AI) こそが教育を広める最善の方法であると考えています。AIや機械学習を通じて同社がいかにして言語学習を促進しているか、ご覧ください。

(写真: SimplyGood社提供)

SimplyGood: 家のお掃除をより環境に優しく

液状の洗浄剤は通常、使い捨てのプラスチック容器に入れられており、この容器が世界中で海や河川にたまっています。シンガポールのスタートアップ、SimplyGood社による独創的な代替案を用いれば、地球に良い影響をもたらす行動を消費者が家庭で簡単に起こせるようになります。

(写真: 株式会社オリー研究所提供)

日本のロボット会社が未来型コミュニケーションによって孤独を解消

日本のロボット会社、株式会社オリー研究所が、分身ロボットによって身体障害や認知障害による孤独にいかにして取り組んでいるか、ご覧ください。

(写真: IFMPA提供)

Healthbotics Limited: ブロックチェーン技術でアフリカの医療セクターをデジタル化

ナイジェリアの医療スタートアップ、Healthbotics Limitedは、アフリカの医療を改善するために、AIを活用した画期的なソリューションを開発しています。

(出典: Shokz.com)

Shenzhen Shokz: 新しいリスニング体験のための骨伝導技術

Shenzhen Shotz社が開発した先駆的な骨伝導技術は、新しいリスニング体験をユーザーに提供します。イノベーションへのコミットメントと強固な知財戦略が、いかにして同社に成功をもたらしているか、ご覧ください。

(写真: OEPM提供)

共同イノベーション・エコシステムに支えられた細胞増殖研究を推進

発明家のDavid Martínez Martín氏は、細胞研究の最前線におり、応用科学を発展させるための共同イノベーション・エコシステムの構築に取り組んでいます。

(写真: IHOR IVANOV/iStock/ゲッティイメージズプラス)

サウジアラビアの若手デザイナーが伝統的なアッ・サドゥ織りに現代的な感覚を加える

サウジアラビアの若手デザイナー、Noura Al-Omair氏が、いかにして伝統的なアッ・サドゥ織りに現代的な感覚を加えているか、ご覧ください。

(写真: Amir Patel氏提供)

チーターの研究により、患者のリハビリをサポートする新しいバイオメディカルデバイスを開発

南アフリカの研究者Amir Patel氏が、チーターに魅了されたことをきっかけに、ロボット工学や機械学習 (人工知能)、さらには、三次元フォースプレートによるリハビリを必要とする整形外科や神経系の疾患用の、より安価で利用しやすいバイオメカニカルデバイスにおいて、いかにして数々のイノベーションを起こしてきたか、ご覧ください。

(写真: 株式会社Aww提供)

ブランディングの新時代の到来を告げるデジタルインフルエンサー

バーチャルヒューマンと呼ばれるデジタルインフルエンサーは、ソーシャルメディア・マーケティングの最新トレンドです。アバンギャルドな日本のスタートアップ企業Aww社が新たにプロデュースしたバーチャルヒューマンが、人々の行動を変容させ、明日のブランドに力を与えています。

(写真: SK-Studio / iStock / Getty Images Plus)

レゴ®で自分の義手を自作した若き発明家

David Aguilar Amphoux氏はレゴへの情熱から、世界で初めてレゴ®ブロックを使って自らの義肢を自作しました。彼の発明をご紹介します。

(写真: Shuji Goto)

日本の若き発明家による独創的なキャスター付きロボットが地球温暖化への対策に貢献します

村木風海氏が、いかにして世界最小のインタラクティブ二酸化炭素回収マシーンを発明したか、ご覧ください。ボタンを押すだけで、1時間に最大6リットルのCO2を吸収することができます。

(写真提供: T. Dhikra Al Harrasi氏)

オマーンのティーンエイジャーが考案したプラスチック汚染問題に対する答え

オマーンのティーンエイジャーが開発した生分解性プラスチックは、使い捨てのプラスチックに代わる興味深い選択肢です。

(写真提供: USPTO)

イノベーションが実現する世界の飢餓問題の緩和と食品廃棄量の削減

誰もが食品廃棄に取り組むきっかけをもたらす受賞歴のある発明をご紹介します。

(写真: Modern Ilongga社提供)

Modern Ilongga社: ファッションを通じた先住民文化の称賛

フィリピンのイロイロで成功を収めている社会的企業Modern Ilongga社は、フィリピンの伝統的な手工業の魅力を高め、豊かな文化に支えられた高品質で創意あふれる地元産の製品にスポットライトを当てています。

(写真: Ted Martin氏提供)

チーム・アンティグア・アイランド・ガールズ: 世界で最も強靭なチーム

2019年1月下旬の涼しい午後、アンティグア島のイングリッシュハーバーにあるネルソンズドックヤードに4人の女性が手漕ぎボートで到着し、歴史にその名を刻みました。この日、チーム・アンティグア・アイランド・ガールズは、カリブ海の女性のみのチームとしては初めて、過酷なタリスカー・ウイスキー・アトランティック・チャレンジを完走し、大西洋を手漕ぎで横断しました。これは、黒人のみのチームとして初の快挙となります。この壮大な旅を実現するために知的財産が果たした役割をご紹介します。

(写真: © NF Health Care (タイ) )

NF Health Care: 革新的で手頃な機器で褥瘡を予防

毎日、世界中で何百万人もの患者が褥瘡による痛みや不快感に苦しめられています。Nalinee Kovitwanawong教授が創設したタイの中小企業NF Health Care社では、患者の回復をサポートし健康管理にまつわる負担を軽減するために、現地の高品質な材料を利用して、手頃な価格のさまざまな褥瘡予防用機器を製造しています。

(写真: Eldar Rizayev氏提供)

トルクメニスタンの発明者がゴムおよびプラスチック廃棄物の新しいリサイクル方法を発見

トルクメニスタンの若手起業家Rizayev Eldar Guseynovich氏は、ゴムおよびプラスチック廃棄物による環境汚染への対策が急務となっていることを認識し、ゴミを経済的に利用価値のある製品に変える新しい方法を開発しています。

(写真: © Ottobock)

片脚と義足でウィンタースポーツを競う: 2022年北京でパラリンピック選手たちの戦いが始まる

スポーツ用の特殊な義足が登場するまで、冬季パラリンピックの選手たちは、斜面で最高のパフォーマンスを発揮するのは難しいと感じていました。ProCarveのような画期的な義足は、2022年北京パラリンピックで金メダルを目指すような選手にとって、大変革をもたらすものです。

(写真: Romolo Tavani/iStock/Getty Images Plus)

インドネシアの茶を一躍有名に-ボゴールからラスベガスへ

インドネシアの起業家Iriana Ekasari氏が、いかにして茶のブランドSilaを構築し、地元で作られた商品を普通の生活用品から価値の高い資産へと変換しているか、ご覧ください。

(写真: Beewise社提供)

Beewise社: 常識にとらわれない発想で世界のミツバチを救う

イスラエルのスタートアップ企業Beewise社のCEO、Saar Safra氏は、人工知能 (AI)、コンピュータービジョン、ロボット工学を利用して、大量のミツバチを救っています。先端技術を用いた同社のソリューションが世界のミツバチを救う方法をご紹介します。

(写真: Cameron Spencer/Getty Images)

オリンピックにおける知的財産保護の道のり

北京2022オリンピック冬季競技大会が開幕し競技が繰り広げられる中で、次はどの選手が金メダルを手にするのか注目されています。最大級のスポーツイベントであるオリンピックの特徴を保護するために知的財産がどのように役立つのかご覧ください。

(写真: Biodôme du Maroc社提供)

モロッコの農家に再生可能エネルギーを届けるBiodôme du Maroc社

Biodôme du Maroc社のCEO、Fatima Zahra Beraich博士は、バイオガス技術を用いてモロッコの農家のエネルギー消費量の削減を支援しています。自然処理と環境に優しいプロセスで有機廃棄物を回収するモロッコ初の企業とは、どのような企業でしょうか。

(写真: Lina and Tom提供)

A History of Intellectual Property in 50 Objects (50のモノに見る或る知的財産の歴史)

知的財産がなぜこれほどまでに重要で興味深いのかを、知的財産が具体化された一連のモノというレンズを通して、一般の読者と専門家を問わず読者に伝えようと取り組んだ本書の著者が、経緯を語ります。

(写真: Bioestibas提供)

持続可能なストレージ: 花の茎から作られたエコ・パレット

コロンビアに拠点を構えるBioestibasはラテンアメリカ地域で最初の環境配慮型エコ・パレット (荷役台) 製造工場です。国内の花卉栽培者が排出する農業廃棄物 (アジサイの茎) を高性能なエコ・パレットに転換させる巧妙な方法を見つけました。

(写真: © Ottobock社提供)

パラリンピックに好ましい変化をもたらす革新的な義肢

2021年夏の終わりに、世界各国の障害のあるアスリートたちが2020年東京パラリンピックで競いました。ドイツの大手義肢メーカーOttobock社の広報・研究開発マネージャーを務めるMaja Hoock氏が、知的財産で保護されたスポーツ用義肢がアスリートたちの能力を最大限に活かす方法について説明します。

(写真: Catalby/iStock/Getty Images Plus)

パルプ廃棄物を化学産業用の新しい原料に変換する

南アフリカのパルプ産業は廃木材に含まれるリグニンを毎年何百万トンも排出しています。ステレンボッシュ大学の研究者たちがこの廃棄物を化学産業用の新しい原料に変換する方法を開発しました。

(写真: © Graphenel JSC社提供)

Graphenel社: ベトナムの先駆的なグラフェン製造企業

ホーチミン市にあるGraphenel JSC社は、新しいアプローチでグラフェンを製造するテクノロジー企業です。同社の海外事業開発マネージャーであるJane Phung氏に、グラフェンを用いた素材の大手サプライヤーになるというGraphenel社の野心的目標を支える上で知的財産が果たす役割について聞きました。

(写真:オーストラリア・シドニーのグーグル・クリエイティブ・ラボ提供)

Uncanny Valley社: 音楽の創造性の新時代を切り拓く

シドニーの革新的な音楽テクノロジー企業、Uncanny Valley社の共同設立者でイノベーションの責任者を務めるCharlton Hill氏に、人工知能を利用して音楽制作にかかる時間を短縮し、誰もが参加できるようにし、音楽制作を変革するという同社の意欲的な目標について聞きました。

(写真提供:©Mootralより許諾を得て転載)

Mootral: 牛に着目して気候を守る

反芻動物である牛はメタンガスを放出しますが、メタンガスには二酸化炭素よりもはるかに大きな温室効果があります。Mootralの革新的な天然飼料サプリメントは、牛による温室効果ガス排出量を削減します。より環境に優しい未来を築くための重要な取り組みについてこちらの記事をご覧ください

(写真:©MSP提供)

Mauricio de Sousaプロダクション: 知的財産が支えるコミックの成功

「モニカと仲間たち」を読んで育ちましたか。60年以上前に設立されたMauricio de Sousaプロダクションは、ブラジルで最も成功を収めているマンガ本とアニメーションの制作会社となりました。この成功で、知的財産はどのような役割を果たしたでしょうか。

(写真:©Tusk Engineers提供)

ウガンダの環境に優しいバイオトイレ:廃棄物を高品質の肥料やバイオガスに変換

土壌の劣化、不十分な公衆衛生、大気汚染は相互に関連している問題です。Tusk Engineersはウガンダの農村地域の生活水準を改善するバイオトイレの開発および普及を通じて、これらの問題に取り組んでいます。

(写真:©Getty/AvigatorPhotographer)

フィリピンの廃水をVigorminで処理する

複数の有機鉱物を含む白色の粉末Vigorminがフィリピンの廃水処理をどのように改善しているかご覧ください。

(写真提供:©ニズワ農園(100万本のパームツリープロジェクト)-オマーン王宮府クラブ)

オマーン:人工知能(AI)とドローンを活用したナツメヤシの授粉

オマーンのスタートアップ企業ワカン・テック (Wakan Tech) は人工知能 (AI) やロボット、ドローンを活用してナツメヤシ生産に変革をもたらし、生産農家により経済的で魅力的なソリューションを提供しています。

(写真:©AQUALONIS提供)

乾燥地の水不足を緩和する霧収穫

水源と聞いて真っ先に霧を思い浮かべる人は少ないのではないでしょうか。ところが、CloudFisher®と呼ばれる先進的な水技術により、深刻な水不足に直面している霧が頻繁に発生する沿岸部の乾燥した高地のコミュニティに、安価で持続可能な浄水源を提供することが可能になっています。

(写真:©Rory Cooper氏提供)

障害者のためにイノベーションを推進するパラリンピアン、Rory Cooper氏

パラリンピアンにして多くの発明を創出してきた発明者でもあるRory Cooper氏は、工学と技術を通じて、障害者の生活の質の向上や社会参加促進に熱心に取り組んでいます。Cooper氏の先駆的な研究について知り、彼の発明が市場に送り出されて人々を支援できるようご支援ください。

(写真:©Corbana氏提供)

Banano de Costa Ricaの地理的表示: 環境の持続可能性を支援する

世界有数のバナナ輸出国であるコスタリカの経済にとってバナナの生産は非常に重要です。2011年、Banano de Costa Rica (バナノ・デ・コスタリカ) は同国最初の地理的表示 (GI) として登録されました。これにより、この産品の際立った品質と社会的・環境的持続可能性への取組みに関する生産者の訴求力が向上しました。

(写真:©Ivana Maglione)

コロナ後の世界の出版業界: Bodour Al Qasimi氏へのインタビュー

国際出版連合 (International Publishers' Association) のSheika Bodour bint Sultan Al Qasimiプレジデントが、コロナ後の時代に出版社が直面する課題について説明します。

(画像:©JSC Laser Systems社提供)

JSC Laser Systems社: 資金調達の担保としてのイノベーション

JSC Laser Systems社は、ロシアの知識集約型産業の発展を促進するために新たに開始されたプログラムを活用しています。

(写真:©Oded Shoseyov提供)

生体材料:自然の宝庫を解き放つ

先駆的な材料工学者であり、次々と発明をする起業家でもあるOded Shoseyov教授にとって、自然はインスピレーションの源です。自身の最も重要な発明の一部と、その発明を社会で広くアクセス可能とする際に知的財産権がどのような役割を担うかについて、Oded Shoseyov教授の考察を紹介します。

(写真:©Julius K-9®社提供)

Julius K-9®社: 愛犬家のニーズに応えるイノベーションおよび意匠の利用

犬のアクセサリー・ブランド大手であるJulius K-9社の創業者兼CEOであり、人生をペットの幸福のためのイノベーションに捧げてきたGyula Sebő氏が、彼らのような企業にとって、注意深く策定された知的財産戦略を創業時から持つことが重要である理由を説明します。