NF Health Care: 革新的で手頃な機器で褥瘡を予防

Nalinee Kovitwanawong教授は、もともと麻酔科医として研修を受け活動していました。しかし、担当した多くの患者が褥瘡による痛みに苦しんでいることに気づき、キャリア転換を決意しました。いま、彼女が社長を務めるNF Health Care社では、「Dr. N. Medigel」ブランドのもと、褥瘡予防・緩和用の製品を含むさまざまな医療機器を製造しています。同社は現在、8名のスタッフを擁しています。

医師や材料工学の技術者、その他の医療専門家と共に10年間研究開発を行った結果、Kovitwanawong教授は、圧力を分散することで長期間の寝たきり生活による体の痛みを緩和することのできる斬新な粘弾性ポリマーゲルの開発に成功しました。このポリマーの特許を携えて、Kovitwanawong医師はおよそ4年前に商業化を開始。この製品を求める声は高く、同社の収益は2021年、約150%伸びました。

発明について

NF Health Care社の創業者、Nalinee Kovitwanawong
教授が発明した特殊な粘弾性ポリマーゲルは、
長期間の寝たきり生活を余儀なくされる患者の褥瘡の
リスクを軽減する機器に使用されます。
(写真: © NF Health Care (タイ) )

褥瘡は、毎日世界中で何百万もの寝たきり患者を苦しめており、患者の健康状態やQOLに悪影響を及ぼす可能性があります。また、褥瘡の手当ては、医療従事者の負担増にもなっており、患者のケアにかかるコスト増にもつながります。

NF Health Care社が製造する医療機器は、長期の臥床によって生じる患者の体における圧迫部位へのストレスを緩和することで、炎症や潰瘍の発生リスクを軽減します。同社が提供する圧固定式のサポートサーフェス (体圧分散寝具) は、体が支持面と接触することにより生じる圧力を再分配することで、褥瘡のリスクを軽減します。同社の独自技術を構成するのは、現地の「パラゴムノキ」の樹液から作られる天然ゴムで包まれた革新的な粘弾性ポリマーゲルです。この技術により、豊富にある地元の材料を価値ある医療用資源に生まれ変わらせることができます。

「Dr. N. Medigel」ブランドで市場に展開される同社製品には主に2つのメリットがあります。1つ目は、患者の褥瘡リスクの軽減です。そして2つ目は、ケアワーカーの負担軽減です。褥瘡予防のために2時間おきに患者を持ち上げて体位変換を行う必要がなくなります。

当初、同社製品は手術室で患者を正常な体位に保つために利用されていました。以来、同社は「Dr. N. Medigel」のコンセプトを3つの製品ラインに拡大し、ターゲット市場を拡げています。1つ目の製品ラインは、一定の間隔で患者の体位を自動的に変えるようにプログラム可能な遠隔操作型のスマートベッド、いわゆる「flipping bed (体位変換ベッド) 」です。この製品ラインには、車いすや病院内で使用されるその他のサポート (寝具類) が含まれます。2つ目として、体位変換ベッドのソリューションを介護施設に導入することを目指しています。そして3つ目として、医療従事者向けの「Doctor N Shoes」ブランドの靴があります。

「Dr. N. Medigel」ブランドのサポート器具は当初、手術室で患者の体位を保つために利用されていました。 (写真: © NF Health Care (タイ) )

イノベーションを創出し高性能な製品を届けるというコミットメントに沿って、同社ではさらに4つの製品について知的財産(IP)権の取得を目指しています。

NF Health Care社における知的財産の役割

「当社のビジネス戦略は研究開発に基づいています。知的財産が企業競争力を高めて事業連携を強める助けになると信じています」とKovitwanawong教授は語ります。また、同社の成長を受け、より強力なブランドを構築して「Dr. N. Medigel」の商標を海外でも登録していく決意を強調します。

「知財戦略のおかげで、発明や輸出、商業化を促進するとともに、ビジネスを強化することができています」とKovitwanawong教授は説明します。「知的財産を登録することで、事業活動の自由度が高まっただけでなく、権利侵害を防ぐことが可能になりました。知的財産権を重視することで、当社のような中小企業は価値と競争力を高めることができると考えます。」Kovitwanawong医師はそう付け加えます。

高齢化社会への貢献

パンデミックの最中、NF Health Careの体位変換ベッ
ドはタイの集中治療病棟で新型コロナウイルス感染症
(COVID-19) に苦しむ患者のために利用されました。
(写真: © NF Health Care (タイ) )

さらに同社では、タイの政府調達サービスと連携して、公立・民間病院やエンドユーザへの製品提供を行っています。タイでも人口の高齢化が進んでいますが、褥瘡はそうした高齢者の間でこそ深刻化します。また、若い医療従事者不足も相まって、同社の製品への需要は高まると考えられます。同社によると、2019年、褥瘡予防機器の世界市場規模は41億米ドル、アジア市場だけでもおよそ10億米ドルと推定されます。

卓越性へのこだわり

登録商標「Dr. N. Medigel」のブランドでその製品を市場に展開する以前の研究開始当初から、NF Health Care社は顧客のニーズを理解するよう尽力してきました。同社では顧客からのフィードバックを製品の改善に役立て続けています。また、従業員全員が職場でもっと活躍できるようお互いをサポートしています。例えば、最高技術責任者 (CTO) は製品のスペシャリストとして活動し、顧客のニーズに合った製品を確実に提供できるよう販売部門を裏でサポートします。