国際登録の管理: 名義変更

国際登録の名義人の全部変更または一部変更 (一部の商品・役務または一部の締約国についての名義変更) を、WIPO IP PortalのeMadridサービスを使ってオンラインで申請することができます。該当する場合、新たな代理人の選任および通信のための宛先の追加も同時に行うことができます。

重要:国際登録の全部または一部について新たな名義人になるためには、譲受人は、マドリッド制度の締約国 PDF, List of Madrid System contracting partiesに営業所または住所を有するか、締約国の国民である必要があります。

申請方法

  1. WIPO IP Portalの「MENU」画面の「TRADEMARKS (商標) 」から、eMadridサービスの「Change in ownership (名義人の変更) 」を選択。
  2. WIPOユーザアカウント (WIPO Account) でログイン。
  3. 全部変更または一部変更のどちらを行うかを指定。
  4. 手続を行う国際登録 (一または複数) を検索・選択。
  5. 譲渡人および譲受人の詳細と、該当する場合は新たな代理人の氏名および通信のための宛先を入力。
  6. 全ての必須項目に記入し、入力した情報を確認。
  7. 希望する支払方法を選択 (WIPO予納口座またはクレジットカード) 。
  8. 電子署名し、申請を提出。

名義人変更申請の際、移転の証拠となる書類を提出する必要はありません。

その後の流れ

WIPO整理番号 (WIPO reference number) を含む確認メールをお送りします。

WIPO整理番号 (WIPO reference number) を含む確認メールをお送りします。オンラインでは、申請の処理状況をリアルタイムで確認することができます。なお、名義人変更申請を行う際に使用された電子メールアドレスが、記録されているアドレスと異なる場合、名義人に対して、当該変更申請の確認を求める通知をお送りします。名義人による確認が7日以内に行われなかった場合には、当該申請は取り消され、支払済みの手数料は返還されます。

手続にかかる費用

名義人の全部変更または一部変更にかかる手数料は177スイスフランです。

マドリッド制度の各種様式

従前どおり、マドリッド制度の様式MM5を使って名義人変更申請をすることも可能です。ただし、オンラインでの申請を強くお勧めします。

動画: 名義人を変更する方法 video

関連情報