FIT/日本知的財産グローバルファンド

Funds-In-Trust Japan Industrial Property Global(以下、「FIT/日本知的財産グローバルファンド」といいます)は、開発途上国及び後発開発途上国(LDC)がマドリッド制度やハーグ制度などの知的財産制度に関する知識を深め、イノベーションや世界各国への技術移転を促進する国内環境を整えられるよう支援しています。

日本政府が特許庁(JPO)を介して初めてWIPOに寄付したのは1987年のことでした。以来、アジア太平洋地域及びアフリカの80カ国以上で知的財産に関わる様々な活動を支援するために、8,500万スイスフランを超える金額を提供してきました。2019年には、支援対象の拡大を目的としたFIT/日本知的財産グローバルファンドが設立。現時点での日本政府の予算規模は年間580万スイスフランとなっています。

FIT/日本知的財産グローバルファンドの主な目的は以下のとおりです。

  • 調和の取れた、知的財産の国際的標準枠組みの構築に向けた加盟国間での協力の促進。
  • 世界中で提供されている優れた知的財産関連サービス(特許協力条約、マドリッド制度、ハーグ制度)のより広範でより効果的な活用を推進。
  • 開発途上国、LDC、経済移行諸国の発展のため、知的財産権を有効に活用するのに必要な幅広い要件に対応できる人材の育成。
  • 知的財産権を使ってイノベーションを後押しできるよう中小企業、大学、研究機関の能力強化の支援。
  • イノベーション及び創造性を後押しするため、知財庁並びに公的機関が提供する知的財産関連情報へのアクセス改善と利用促進。
  • ステークホルダーにより良いサービス(安価、迅速、高品質)を提供し、知的財産権のより良い管理を実現する、知財庁及びその他知的財産関連機関の技術インフラストラクチャやデータベースの質の向上。
  • WIPOが提供する知的財産統計情報のより広範でより効果的な活用。
  • 知的財産権尊重の重要性に関する市民意識の向上のため、WIPO・国・国際機関による体系的かつ効果的で、透明性の高い協力・連携の促進。
  • 世界規模の問題に取り組むため、先進国からLCDをはじめとする途上国への知識の移転、及びこれら諸国での技術の適応や技術の普及を促す知的財産関連プラットフォーム及びツールの提供。
fishes
(写真提供:WIPO/JPO)

繁栄の共有を目的とした工業所有権の支援

WIPOの最近の取り組みと数多くのサクセスストーリーの中から一部を厳選してご紹介します。

ファンドの使い道

主要知的財産関連組織向けイベント

(写真提供:GETTYIMAGES/GAJUS)

政策協議

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、政策立案者、立法府の議員、知財庁職員、民間企業の代表者が知的財産権にかかる政策や知的財産権が関連する開発上の問題について協議する会議の開催を後援しています。

最近開催された会合:

主要知的財産関連組織向けイベントについての詳細はこちら

(写真提供:GETTYIMAGES/ ABLUECUP)

特許協力条約、マドリッド制度、ハーグ制度の促進

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、特許協力条約、マドリッド制度、ハーグ制度を最大限に活用できるよう、これら制度の利用者及び知財庁向けに、さまざまなワークショップやセミナーを開催しています。

最近開催されたセミナーは以下のとおりです。

  • 商標の国際登録でマドリッド制度を利用する(タイ、2019年)
  • マドリッド制度に携わる知財庁の職員向け地域経済圏会議(マレーシア、2020年)
  • 商標の国際登録でマドリッド制度を利用する(ブータン、2020年)
A high-level meeting of African parliamentarians under the auspices of Japan FIT/IP
(写真提供:GETTY IMAGES/MAXIMKOSTENKO)

大学及び研究機関の支援

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、イネーブリング・イノベーション・エンバイロメント(EIE)プロジェクトや知的財産権週間を通じて、大学や研究機関が知的財産制度を最大限に活用できるように支援しています。 PDF, title goes here and IP week.

最近開催されたセミナーは以下のとおりです。

能力と才能の育成

(写真提供:GETTYIMAGES/NARIN EUNGSUWAT)

人材の育成

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、WIPOが協力している知的財産権修士コース(MIP)への奨学金制度や日本でのフェローシッププログラムなどを通じて、各種教育・研修・研究の機会を支援しています。また、知的財産権の効果的な活用法を学べるワークショップ(例:テクノロジー&イノベーションサポートセンター(TISC)で提供している特許明細書作成コース、特許検索コース)をいくつも開催しています。

能力と才能の育成の詳細はこちら

(写真提供:GETTYIMAGES/ WRAGG)

知的財産権の教材

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、知的財産権の教育に役立つ最新情報を含んだ教材の開発を支援しています。

技術インフラストラクチャやデータベースの質の向上

A high-level meeting of African parliamentarians under the auspices of Japan FIT/IP
(写真提供:GETTY IMAGES/ALENGO)

WIPOのITシステムの向上

FIT/日本知的財産グローバルファンドは2014年以降、知財庁間で有用なドシエ情報(出願の手続きや審査に関連する情報)を共有できるよう、プラットフォーム「WIPO CASE」の開発に資金援助してきました。

主な達成事項は次のとおりです。

(写真提供: PHONLAMAIPHOTO / ISTOCK / GETTY IMAGES PLUS)

知財庁の電子化が進む

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、国や地域における知財庁の特許出願手続きや審査、その他サービスの電子化を支援しています。

2019年には、フィリピンでのプロジェクトが完了し、約12億枚分の知的財産関連書類を電子化。約9万件のデータベース記録を削除しました。ミャンマーでは、従来使用していた商標制度からの移行を可能にするため、商標の再登録ができるWIPO Fileが配備されました。

タイ、ベトナム、ボツワナ、マラウイ、ザンビア、エスワティニ、ウガンダ、マダガスカル、アフリカ知的財産機関(OAPI)でも、プロジェクトが予定されているか、既に始まっています。

持続可能な開発目標への支援

A high-level meeting of African parliamentarians under the auspices of Japan FIT/IP
(写真提供:WIPO/津田真吾氏)

ブランディング・プロジェクト

FIT/日本知的財産グローバルファンドはブランディング・プロジェクトを通して、生産者が商品のブランディングのために知的財産権を取得するのを支援しています。編み物で道を切り開く ケニアで、バスケットの編み手で構成される女性コミュニティが商品をブランディングし、生活を向上させるために組合を形成して団結しました。

(写真提供:WIPO)

WIPO GREEN/ WIPO Re:Search

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、WIPO日本事務局が導入したWIPOのグローバルプラットフォーム推進活動「WIPO GREEN and WIPO Re:search」を支援しています。

関連リンク