デジタル日時スタンプ:WIPO PROOFによる証拠の価値とその実際的意義

2021年1月

Frederick Mostert実務教授、Sheyna Cruz LLM 学生、(King’s College Dickson Poon School of Law、英国 ロンドン)

スポーツの分野では、ゴールラインを最初に通過した人が勝利による戦利品を享受します。同じことが知的財産にも当てはまります。知的財産は、本質的に「First in time, first in right(最初の人が正当である)」という原則に基づいています。原則は単純に見えますが、知的財産権を主張する多くの創造的な精神を持つ人々やイノベーターたちは、彼らが最初にその重要なゴールに辿りついたことを説得力を持って実証するのに苦労しています。この証拠に関するギャップに対処することが、WIPO PROOFと呼ばれる世界知的所有権機関(WIPO)のエキサイティングな新しいデジタルツールの理論的根拠です。

知的財産権を主張する多くのクリエイターやイノベーターは、自分たちが最初に作品を発明または作成したことを証明するのに苦労しています。WIPO PROOFを使用すると、特定の日時に自分の作品が存在したことを示すことができます。(写真:WIPO)

なぜ制作日が重要なのですか?

知的財産保護は、デザイナー、アーティスト、科学者、発明家、起業家、新興企業、中小企業など、オリジナルの作品やデザイン、発明、ブランドの開発を通じて価値を創造する創造的な精神を持つ人々のツールボックスにおいて、ますます重要な資産と見なされるようになりました。もしあなたがプログラムのソースコードを最初に作成したり、新しい曲を作曲したり、独自のハンドバッグをデザインしたり、新しいデジタルウィジェットを発明したのであれば、あなたはコピーや誤用などの不正行為、または「著作権侵害」としても知られているそれらの行為から知的財産を保護するのに有利な立場にいます。大手テクノロジー企業や国際的なブランド企業が、最も重要な資産を保護するために最初にポストを通過することの重要性に焦点を合わせているのも不思議ではありません。

WIPO PROOFはデジタル日時スタンプのテクノロジーを利用することで、クリエイターが重要な存在した日付を記録するファイルの唯一無二の「フィンガープリント」を取得することを可能にしています。

あらゆる形態の知的財産に関して、あなたが「最初」であることを証明することは、あなたの権利を行使するための前提条件であるにも関わらず、それらは見過ごされがちです。そして、証拠の価値は著作権の場合ほど顕著です。この形式の知的財産は、その性質上、手続きなしで自動的に発生します。たとえば、オリジナルの文学作品または芸術作品の作成者として、あなたはデフォルトで著作権の最初の所有者になります。

ただし、多くのクリエイターは、作品の制作日という重要な日付を文書化することの重要性を認識していません。この見落としは、後に知的財産権を行使する際に、残念な結果を招く可能性があります。

「最初」であることを証明する方法は?

ますますデジタル化する状況でクリエイターのタイムスタンプのニーズを満たすことがWIPO PROOFの役割です。

一般的に、デジタル日時スタンプのテクノロジーにより、クリエイターは重要な存在した日付を記録するファイルの唯一無二の「フィンガープリント」を取得できます。知的財産所有者のためのデジタル日付&時刻のスタンプの使用は、近年注目を集めています。たとえば、いくつかの民間企業は、知的財産所有者に自分の作品に日付と時刻をスタンプする手段を提供することを目的として、独自の著作権およびその他の知的財産レジストリを立ち上げています。ただし、従来のデジタル日付スタンプと同様に、デジタル日付スタンプは、信頼できる、そして多くの場合、公式のサードパーティによる独立した検証としてのステータスにより説得力が増します。

あらゆる形態の知的財産に関して、あなたが「最初」であることを証明することは、あなたの権利を行使するための前提条件です。ただし、多くのクリエイターは、作品の制作日という重要な日付を文書化することの重要性を認識していません。(写真:monsitj / Getty Images)

最新のイノベーションにより、WIPOは独立した信頼できる公式のサードパーティとしての重要な役割を担うようになりました。2020年5月に導入されたオンラインサービスであるWIPO PROOFを使用すると、制作者と企業は同様に、WIPO PROOFトークンと呼ばれるデジタルファイルの日付スタンプと時刻スタンプを生成できます。この証明書はWIPOによって発行されるため、正式な機関による印が付き、それは法廷や法廷闘争におけるこれらの証拠の説得力を大幅に高める許可証となります。WIPOは、公平な政府間組織であり、知的所有権の出願および登録制度の第一人者です。これにより、WIPO PROOFは、創造的な精神を持つ人々と革新的な企業が作品が存在した日付に関して説得力のある証拠を生み出すことができる権威あるメカニズムになります。

このコア認証機能に加えて、いくつかの重要な機能により、WIPO PROOFが幅広くアクセス可能で、信頼性が高いシステムであることが保証されます。まず、サービスは非常に手頃な料金で提供されています。WIPO PROOFの料金体系のおかげで個人や新興企業もこの重要なデジタルツールを気軽に利用できるようになっており、WIPO PROOFは知的財産の民主化に役立っています。

さらに、WIPO PROOFは、10の言語(アラビア語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語)で対応しており、ユーザーは自国の裁判所の言語で文書化された証拠を入手できます。このサービスは、欧州連合のeIDAS規制および国際標準化機構(International Organization for Standardization 、ISO)27001規格によって定められた、関連するすべてのポリシー、セキュリティ、技術規格に準拠していることも証明されています。これにより、WIPO PROOFで保護する機密情報が安全であり、国際標準に従って保護されていることが知的財産所有者に保証されます。

WIPO PROOFは、特定の時点でのファイルの制作を確認するために使用できますが、タイムスタンプには実質的な登録効果はなく、形式的な機能を実行するだけであるという点に注意してください。つまり、WIPO PROOFトークンを所有すること、それ自体が知的財産権の授与またはその証明を意味するのではありません。むしろ、これらの権利は通常、登録手順に従って個別に発生します。それでもなお、作品の存在の日付と時刻を証明する公式文書を保有することは、起案者が「最初」であったことの公式確認と簡単な証明への迅速かつ安価で効率的な最初のステップとなります。

初期のデータでは、デジタル日時スタンプに対する需要の高さが示されています。2020年9月現在、WIPO PROOFは117か国のユーザーの皆様にご利用いただいております。やがて、世界中の知的財産所有者のベストプラクティスとして、デジタル日付スタンプが推奨されるようになるかもしれません。

WIPO Magazineは知的財産権およびWIPOの活動への一般の理解を広めることを意図しているもので、WIPOの公的文書ではありません。本書で用いられている表記および記述は、国・領土・地域もしくは当局の法的地位、または国・地域の境界に関してWIPOの見解を示すものではありません。本書は、WIPO加盟国またはWIPO事務局の見解を反映するものではありません。特定の企業またはメーカーの製品に関する記述は、記述されていない類似企業または製品に優先して、WIPOがそれらを推奨していることを意図するものではありません。