国際登録の管理:更新

出願人の商標が国際登録簿に登録されると、国際登録は10年間有効となり、10年ごとにWIPOで直接更新手続することができます(所定の更新手数料を納付後に更新されます)。

WIPOは商標の国際登録が失効する日を明記した非公式の通知も送付しています。

  • 非公式の失効予告通知 PDF, Sample Unofficial Expiry Notice

更新時期

国際登録の更新は、10年間という保護期間が失効する前、または失効後に与えられる6ヶ月間の猶予期間中に行うことができます。猶予期間中に更新する場合は追加料金がかかります。

更新方法

一部の例外を除き、最も簡単な国際登録更新手続は、e-Renewalを使う方法です。

  • e-Renewalを使った手続受理通知の例 PDF, Form MM11

その他の方法としては、従来の様式MM11に記入し、WIPOに直接送付することにより国際登録を更新することもできます。

WIPOは申請者からの更新申請手続が正しく行われているかのみを確認し、所定の手数料が未払いであるなど、不備がある場合にその旨を通知します。

更新申請が正式要件を満たしていれば、WIPOはこれを国際登録簿に登録し、更新証明書を申請者に送付します。

  • 更新証明書の例PDF, Sample Certificate of Renewal

更新手数料

手続にかかる費用

更新にかかる費用については、Fee Calculatorで概算を出すことができます。  

更新にかかる費用は次のとおりです:

  • 基本手数料(Basic fee) - 653スイスフラン、及び
  • 締約国に対して支払う個別手数料(Individual Fee)(国により料金が異なります)(マドリッド協定議定書第 8 条(7)(a)の宣言にリストされる締約国にのみ適用)、または
  • 宣言(c)にリストされてない各締約国に対して支払う付加手数料(Complementary Fee)(100スイスフラン)、またはその両方、及び
  • 商品・役務が3つの分類を超える場合に、超過する分類ごとにかかる追加手数料(Supplementary Fee)(100スイスフラン)(但し、一部の指定先締約国は個別手数料を請求していません)。

猶予期間中に国際登録を更新する場合は50%の追加料金がかかります。

免責事項: Fee Calculatorは入力された情報と、概算を出す時点で有効な 手数料一覧表に基づき計算されます。この計算結果はおおよその手数料の金額をお知らせするためのものです。請求や支払指図を提出する直前にFee Calculatorをお使いいただくと、最も正確に計算することができます。

更新に関する詳細については、マドリッド協定議定書の『商標の国際登録に関するガイド』のB.II.73.01~82.03、『マドリッド制度の更なる活用に向けて』の75~79頁、およびインフォメーションノーティスNo. 23/2014をご覧ください。