国際登録の管理:ライセンス

必須ではありませんが、出願人は指定の締約国官庁の全部または一部で、国際登録簿に登録されている商標ライセンスの記録を1度に請求(様式MM13)することができます。

ライセンスの記録を請求する場合は、様式MM13を次のいずれかの方法で提出してください:

  • 直接WIPOに提出する。または、
  • 本国官庁(即ち、名義人が利用している知財庁)を通じて提出する。または、
  • ライセンスが登録されている締約国官庁を通じて提出する。
注意: 証拠書類(ライセンス契約の写しなど)はWIPOへ提出しないでください

国際登録簿にライセンスを記録することによる効力は?

一部の国/地域では、国際登録簿にライセンスを記録することは、これらの国の知財庁に直接ライセンスを記録するのと同じ効力があります。

一方、国際登録簿にライセンスを記録しても何ら効力のない国/地域もあります。国際登録簿にライセンスを記録しても何ら効力のない国/地域:

  • 国内法に商標ライセンスの記録に関する規定がない国(オーストラリア、ドイツ、ニュージーランド)。または、
  • 共通規則第20bis(6)(b)にて、国際登録簿のライセンスの記録が効力を有しない旨を宣言している国。これらの国/地域では、商標ライセンスの記録は、その国内法に従い、各国の知財庁で直接手続する必要があります(アフリカ広域知的財産機関(OAPI)、カンボジア、中国、コロンビア、ガンビア、グルジア、ギリシャ、インド、インドネシア、日本、キルギスタン、ラオス、メキシコ、韓国、モルドバ、ロシア連邦、シンガポール、タイ)。

手続にかかる費用

ライセンスの記録手続または記録の修正手続には、177スイスフランかかります。

ライセンスに関する詳細については、マドリッド協定議定書の『商標の国際登録に関するガイド』のB.II.93.01~99.04をご覧ください。