中国がハーグ制度に加盟

2022/02/22

中国がハーグ制度に加盟し、加盟国の総数は94か国になりました。中国政府は2022年2月5日にハーグ協定の1999年ジュネーブ改正協定への加入書を寄託しました。中国は1999年改正協定の68番目の締約国であり、ハーグ同盟の77番目の加盟国です。

中国について、1999年改正協定は、2022年5月5日に発効します。
Map of China
(Photo: Getty/Igor Ilnitckii

中国のハーグ制度加盟の意義は?

中国の加盟により、ハーグ制度は、世界銀行ランキングによる世界のトップ経済市場の10のうち9をカバーすることになります。

2022年5月5日より、非居住者による中国での国際意匠登録が可能となり、世界最大かつ最もダイナミックな市場の一つである中国でのビジネス展開が容易になります。これと並行して、中国の企業やデザイナーは、ハーグ制度がカバーする94カ国のうち希望する国で、迅速かつ容易に意匠の国際保護を求めることができるようになり、国際市場への進出が容易になります。

石器時代の祖先が作った最古の装飾品から、世界中のランウェイで見られる現代のオートクチュールまで、デザイナーは私たちを豊かにし、ワクワクさせ、活気づけてくれます。また、家庭用品や携帯電話からバーチャルなデザインまで、私たちが毎日使う製品の外観や雰囲気を形成する上で、デザイナーはより大きな役割を果たしています。中国がハーグ制度に加盟することは、中国のデザイン界がデザインを保護し、中国国外に持ち出すことが容易になることを意味し、海外のデザイナーは、世界最大かつ最もダイナミックな市場の一つである中国にデザインを展開することが容易になることを意味します。

WIPO事務局長 ダレン・タン

宣言事項

ハーグ制度の国際的な手続メカニズムが自国の国内要件に適合するように、ハーグ制度の締約国は一定の宣言をすることができます。中国の加入書には以下の内容が含まれています(詳細は近日中に公開予定です)。

項目 内容 関連条文/規則
国際出願に
追加される必須の内容
意匠の複製物又は特徴についての簡潔な説明の要件 第5条(2)(b)(ii)
指定手数料 個別指定手数料 第7条(2)
意匠/複製物 意匠の単一性;
意匠を構成する特定の図の要件
第13条(1);
規則9(3)(a)
拒絶 拒絶通報期間の12か月への延長 規則18(1)(b)
国際登録の
効果の日
最大6か月の延長;
拒絶通報期間12か月の期間内に故意でなく送達されなかった場合
規則18(1)(c)(i)および(ii)
その他 所有権の変更に補足書類提出が必要 第16条(2)
【※ご注意下さい】加入書はまた、1999年改正協定は、中華人民共和国政府から別段の通知がない限り、中華人民共和国の香港特別行政区またはマカオ特別行政区には適用されないことを明記しています。

近日公開予定

2022年5月5日から、中国の国内法、手続き、国際意匠保護の要件について、ハーグシステムメンバープロファイルデータベースで確認できるようになります。

詳細はこちらから

お問い合わせ先

コンタクトハーグ

WIPO ハーグ制度 – 国際意匠制度

WIPOのハーグ制度は、1つの出願を通じて、1つの言語で、1つの料金体系で、90か国以上で同時に意匠権を確保および管理するための独自の国際システムを提供します。