WIPOマガジン

WIPOマガジン は、世界で進行中の知的財産権や創造性、イノベーションについてお伝えしています。英語、フランス語スペイン語で発行されていますが、4/2019号以降は、アラビア語中国語ロシア語
5/2019号以降は、日本語およびポルトガル語でもお読みいただけます。

最新情報をメールで受け取る

WIPOマガジン – 世界で進行中の知的財産権、創造性、イノベーションに関する記事や特集を掲載しています。年6回発行。

サインアップ | WIPOが発行した過去のニュースレター

最新記事 すべての記事を検索する

(写真: WIPO/Berrod - Navab)

データ駆動型の世界における知的財産

2019年WIPO総会の会合に先駆けて 、WIPO事務局長フランシス・ガリが、知的財産政策に対するビッグ・データの影響について考察します。

(写真: enviromantic / E+ / Getty Images;)

イノベーションと知的財産でアフリカの企業競争力を高める

アフリカでは拡大する若年人口による大きな経済的利益が期待されていますが、若年層の失業が懸念されています。企業競争力によってどのように雇用機会が創出されるでしょうか。

(写真: 〜の厚意による KidZania)

キッザニア:よりよい世界に向けての準備

子供たちの大好きなごっこ遊びから発展したキッザニアは、世界で最も速く成長を遂げている学習エンターテイメントブランドのうちの一つです。キッザニアのメキシコオペレーションを担当する社交的な最高経営責任者、Maricruz Arrubarrena 氏が企業の成功の秘訣について紹介します。

(写真: 〜の厚意による Queensland University of Technology)

3Dプリンティング:メイカームーブメント、知的財産訴訟および法改正

個人向けの3Dプリンターは予想通りには開発が進んでいませんが、産業用3Dプリンターは高度な製造業で重要な役割を果たしています。Matthew Rimmer 教授が、3Dプリンティングに関する知的財産訴訟および法改正に関する最近の動向について紹介します。

(写真: 〜の厚意による BEKRAF)

インドネシアのクリエイティブ経済を活用する

インドネシアのクリエイティブ経済庁IPR促進・規制部門担当副会長Ari Juliano Gema 氏が、インドネシアのクリエイティブ事業の成功を支援するための組織の取り組みについて紹介します。