WIPOマガジン

WIPOマガジンは、世界中で発生している知的財産、創造性、イノベーションについて模索しています。印刷版は四半期ごとに発行されます。また、追加のオンライン機能は定期的に公開されています。

サインインしてメールで最新情報を受信する

Cover of the latest edition of the WIPO Magazine

最新号

ダウンロード

(英語)

オンライン機能

最新特集(印刷版)

WIPOマガジンは四半期ごとに印刷版およびオンラインで発行され、アラビア語中国語英語フランス語、日本語、ポルトガル語ロシア語スペイン語でご覧いただけます。

(写真:WIPO)

WIPO PROOFの紹介:フランシス・ガリ事務局長へのインタビュー

フランシス・ガリWIPO事務局長が、WIPOによる一連の知的財産ビジネスサービスのうち、最も新しいWIPO PROOF を紹介するとともに、データガバナンスに関する広範な課題、そして、現在の経済面や健康面の課題への取り組みにおけるイノベーションと創造性の重要性について考察しています。

(写真:goplxa / iStock / Getty Images Plus)

知的財産、イノベーション、アクセス、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

フランシス・ガリWIPO事務局長が、イノベーションパフォーマンス、及び、特にコロナ危機の緩和と最終的には解決に貢献するイノベーションの成果を向上させるために、政府と市場関係者が実施できる措置について考察しています。

(写真:バイドゥ社提供)

バイドゥの人工知能(AI)ベーステクノロジー:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘い

中国の先駆的な技術系最大手企業であるバイドゥが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによってもたらされた重要な課題を克服するために、どのようにして、人工知能(AI)をベースとした専門知識と技術を展開する取り組みの最前線に立っているかをご覧いただけます。

(写真:amriphoto / iStock / Getty Images Plus)

医薬品の転用および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、レムデシビルやデキサメタゾンなどの医薬品の転用に対する世界的な関心が高まっています。転用は、患者に新しい治療法を提供するために重要な場合もありますが、同時に、多くの知的財産関連の問題も提起します。

(写真:WIPO/E.Berrod)

書き言葉はまだ世界を変えられる

最も基本的な形で書かれた言葉は、著者のアイデアから世界中の読者の心に直接知識を伝えることを可能にします。何世紀にもわたって、書き言葉は私たちの社会を変革してきましたが、2020年、私たちはこれまで以上に、書き言葉を、そして実際に出版社を必要としています。Michiel Kolman氏がその理由について説明しています。

WIPOマガジン(2005年〜現在)の全てのHTMLアーカイブおよびデジタルのみの機能の中から検索する

最新情報をメールで受信する

WIPOマガジン – 世界における最新の知的財産権、創造性、イノベーションに関する記事や特集を掲載しています。年4回発行。

サインアップ