先住民族の知識の保護:WIPOでの国際交渉に関する個人的な見解 

2019年12月

Wend Wendland、ディレクター、伝統的知識部、WIPO*

10年前、WIPOの加盟国は知的財産遺伝資源伝統的知識伝統的文化表現に対応するための国際的な法的手段の開発に関する交渉を正式に開始しました。これらの交渉は、IGCと呼ばれる政府間委員会で行われました。この記事**では、これまでの交渉の起伏ある道のりをたどります。

10年前、WIPOの加盟国は知的財産、遺伝資源、伝統的知識、伝統的文化表現に対応するための国際的な法的手段の開発に関する交渉を正式に開始しました。これらの交渉は、2000年に創立されたIGCと呼ばれる政府間委員会で行われました。(写真: florin1961/iStock/Getty Images Plus)

背景

IGCは2000年のWIPO総会で設立されました。委員会の任務は通常、2年に1度開催される総会で決定されます。

IGCの2020年〜2021年の新しい任務の目的は、遺伝資源、伝統的知識、伝統的文化表現の「バランスの取れた効果的な保護を確実にする知的財産に関する国際的な法的手段の協定を結果の性質を予断することなくまとめること」です。

IGCの任務の影響は計り知れません。多くの人々が、脆弱でしばしば阻害されている先住民と地域社会を含めた受益者の幅の拡大を通じて1つ以上の国際的な法的手段を適用することが知的制度を強化すると主張しています。また、それが持続可能な開発への知的財産制度の貢献を強化し、それにより地域全体における知的財産制度の正当性も強化され、多国間主義に対する新たな自信を生み出すと主張しています。

少なくとも委員会の任務の一部に関しては、双方に有利な実用的成果が手の届く範囲にあります。実質的な進展もありました。

しかし、交渉はますます難しくなっています。

主な課題

課題は、問題の性質、委員会がどのように機能するか、そしてより広範な多国間環境におけるその状況に関連しています。

知的財産と遺伝資源、伝統的知識、伝統的文化表現は厳密に言えば複雑に入り組んでおり、課題は異なりますが、相互に関係しています。これには、並外れて高度な実質的能力と締約国間における国内調整と政策の一貫性が必要になります。何よりも、交渉人が利用できるようなモデルとなる国家および地域の経験は、よく見積もってもごくわずかです。IGCの会合の頻度は前進しようとする各国の決意を示す証拠となりますが、プロセスの激しさが、これまでの長い期間と相まって、そのエネルギーと勢いを低下させるリスクとなっています。

もう一つの課題は、IGCの交渉に関する課題と国際知的財産アジェンダに関する他の課題の相互依存性が比較的低いことにあります。これにより、非要求者から譲歩を引き出すための要求者(規範的な成果を求める国々)の影響力がほとんどなくなります。さらに、様々な国際フォーラムでこれらの課題に細分化して対処することは、ダイナミックな地域間連合を設立するという要求者の取り組みを複雑化することになります。

各国の政治的意欲の程度に差があるため進行が妨害されており、それにより、IGCの目標と期待される成果に対して各国の間で永続的な相違が発生しています。これらは順に、合意に基づく妥協案を可能にする効果的な作業方法論を作成しようとする委員会の試みを妨害しています。最後に、これらの課題が一般市民の心を動かしている気配は未だにありません。交渉の早い解決に対する公共および市民社会からのプレッシャーはほとんどありません。

少なくとも委員会の任務の一部に関しては、双方に有利な実用的成果が手の届く範囲にあります。

マイルストーン

初期

まず、IGCの作業は事実収集、技術的分析、実用的経験の交換、政策論争で構成されています。国家および地域の体制に関する情報の山は、加盟国の提案文書、アンケート、ケーススタディ、パネル討論を通じて収集されました。

そして、数々の便利で実用的な成果を導き出した基準設定以外の取り組みに注目しました。これらには、先行技術としてのその高い認識を通じて、伝統的知識の防御的保護(特許を受けている知的財産に対する保護)に向けた具体的な最初のステップが含まれていました。

アクセスおよび利益分配契約で使用するための伝統的知識に関する文書および知的財産条項の技術基準に関する作業も開始されました。新しい基準(「基準設定」)、特に新しい知的財産の形式としての伝統的知識および伝統的文化表現の前向きな保護または直接的な保護のための取り組みについては、合意は得られませんでした。法的手段に関する進歩のなさに対する焦りが、多くの国の間で高まり、経験的情報を今後も収集する価値および非規範的な実用的成果の価値が疑問視されるようになりました。

基準設定への方向転換

Nomadic Kyrgyzの音楽家。(写真:WIPO/Daphné Zografos Johnsson)

2003年7月、IGCが2004年〜2005年の新しい任務に同意せず、委員会に初めての本物の危機が起こりました。4つのセッションの後、IGCの全体的な目的および予測される成果に対する同盟国間の期待の大きさと共に、その任務の膨大さがより明確になってきました。迅速な規範的成果に対する要求者の期待が大きくなりすぎて、初期の楽観主義は消えてなくなりました。一部の国では、目的、基本理念、中心概念に関するより広範な合意を確保する前に、基準設定を開始するのは早すぎるという意見もありました。WIPO総会の介入が必要となりました。長期にわたる交渉の後、同盟国は、初めて「国際的手段」に関する参照を含む、慎重に構築された任務に合意し、基準を設定する取り組みに明確に方向転換しました。また、IGCはその取り組みを「加速する」必要があります。

しかし、開発途上国はすぐに基準設定に関する委員会の有効性に疑問を持つようになりました。繰り返しますが、委員会は臨界点にありました。しかし、加盟国から包括的な手段の草稿を正式に提案されることはまだありませんでした。2005年、WIPO事務局は簡潔な「草稿」として伝統的知識および伝統的文化表現に関する作業文書を発行しました。交渉者の一部からは、これを今後の意見の一致や意義の範囲を指摘する際に役立てるべきだという意見がありました。原稿は、目的の草稿、原則、実質的な規定から構成されていました。しかし、非要求者はこの形式でそれらに取り組む準備はできていませんでした。この取り組みは棚上げされ、「問題」に関する議論にすり替えられました。加盟国の依頼により、WIPO事務局はIGCの任務の「国際的重要性」に関する資料を準備し、知的財産制度が提供する保護と先住民、地域コミュニティ、その他要求者のニーズや願望の間に存在する差異を分析しました。

加盟国、先住民、地域コミュニティに対する実用的なトレーニング

IGCプロセスの運営に加えて、WIPOの伝統的知識部では幅広い技術的援助や能力開発サービスを提供しています。これにより、政策、戦略、法律を開発し、希望に応じて既存の知的財産ツールを効果的に使用できるように先住民および地域コミュニティの実用的能力を強化しています。そして、多様な実際の状況における知的財産と遺伝資源、伝統的知識と伝統的文化表現に関する課題に関して幅広いステークホルダーに実践的なトレーニングを提供することで加盟国を援助しています。

2010年に開始された文書に基づく交渉

2009年後期、非常に驚いたことに、WIPO総会はより強化された任務に合意しました。それは初めて、3つのテーマ全てに対する「文書に基づく交渉」、「国際的な法的手段」(強調追加)、外交会議の招集の可能性について言及しました。これらの言葉は要求者の期待を再点火しましたが、非要求者が早すぎると考えていた基準を設定する取り組みに彼らの目を向けることに成功しました。多くの人が任務の大志と交渉の成熟度との間に溝を感じていました。

新しい作業方法論

2010年から、IGCが本物の「文書に基づく交渉」に着手するために奮闘したため、 より効果的な作業方法論を見つけることが注目されるようになりました。「会期間作業グループ」が突破口を証明し、2010年〜2011年には相当な技術的進歩を遂げることができました。他の方法論的なイノベーションも試されました。課題は、一方で包括性と透明性のバランスをとり、もう一方で効率性と有効性のバランスを取ることにありました。小規模な非公式グループが実現した進展が、全体会議で覆されることがしばしばありました。一進一退が繰り返され、当時は「一進」よりも「一退」の方が多くありました。

遺伝資源:明確性の出現

遺伝資源に関する交渉は、1つに統合された文書の出現により、2012年に大きく前進しました。(関連する伝統的知識の有無に関わらず)遺伝資源に関連する新しい特許公開要件に関する選択肢がより明確になり、この問題に関する合意に対するプレッシャーが高まりました。2017年、WIPO事務局は、主な政策に関する質問および特許公開要件に関する国家の経験についてまとめた資料を初めて出版しました pdf (遺伝資源および伝統的知識の特許公開要件に関する主な質問(2017年))。

2019年4月、Ian Goss IGC議長は、彼の権限に基づいて、遺伝資源および関連する伝統的知識に関する国際的な法的手段の草稿を用意しました。交渉者は最近、委員会の作業文書にこの文書を議長の文書として記載することに合意しました。これは、議長が彼の文書に関して引き続き「ペンを持つ」一方で、委員会が今後の法的手段の文章に取り組む際に、検討する可能性のある文書の一つとなることを示唆しています。

2015年のギャップイヤーと現段階

多くの人を驚かせた発展の中、2014年後期、WIPO総会は2015年のIGCセッションの予定に合意しませんでした。交渉は停止し、IGCの将来に大きな影響を与える可能性がでてきました。

幸いなことに、その1年後、加盟国は任務を更新し、2016年〜2017年の作業プログラムに合意しました。

2016年〜2017年および2018年〜2019年の任務は類似していました。言葉に建設的な曖昧さが含まれているかもしれませんが、便利な新しい機能として「特別専門家グループ」、「証拠に基づいたアプローチ」、伝統的知識および伝統的文化表現の同時討論が含まれました。この期間、一部の国が費用対効果分析を実施するための提案を提出しましたが、これは同意を得られませんでした。画期的な進歩は不明確なままでした。ほとんどの代表団は引き続き既知の見解を改めて述べるだけで、妥協案を見つけるために、お互いに(もしくは彼ら自身で)交渉をすることはありませんでした。しかし、少なくとも伝統的知識および伝統的文化表現に関しては、ギャップが縮小しているという兆しがわずかにありました。議長の文章が最近紹介されたことが、遺伝資源および関連の伝統的知識に関する取り組みを再び活気づけたのかもしれません。直近では、WIPO総会で2020年〜2021年のIGCの任務が、過去4年間の任務と類似する形で更新されました。

先住民および地域コミュニティの参加を奨励する

IGCは、先住民や地域コミュニティに関して特に懸念される問題に対処しています。IGCはいくつかの仕組みを採用し、先住民や地域コミュニティが初めて国際知的財産政策立案に参加できるようにしました。(写真: WIPO/E. Berrod)

IGCは、先住民や地域コミュニティに関して特に興味のある問題や懸念される問題に、WIPOの他分野での取り組みにも類を見ないほど懸命に取り組んでいます。時間をかけ、委員会はその取り組みに対する参加を奨励するための仕組みを作ってきました。これにより、先住民や地域コミュニティが初めて国際知的財産政策立案に参加できるようになりました。

当初から、IGCは先住民および地域コミュニティを代表する幅広い非政府組織に特別監視役としての役割を与えてきました。2004年以降、IGSセッションの前に準備をするため、代表者たちはお互いに会合を設けてきました。ニュージーランドの提案で、先住民パネルが交渉者の対応をします。2005年、加盟国は認定先住民および地域コミュニティがIGCセッションに参加できるようにするための認定先住民および地域コミュニティのためのWIPOボランティア基金pdfを設立しました。今日までの数年間、コミュニティの代表者は「先住民集会」の形で彼ら自身を組織してきました。集会は、非公式会議に加盟国と共に通常招待されている唯一の非政府組織ステークホルダーです。2009年以降、先住民がWIPO先住民フェローシッププログラムの一環として、伝統的知識部で1度の任期を1年〜2年として働いています。

終わりに

IGC任務の更新は、各国がこれらの課題には多国間的解決策が必要であると今尚信じていることを示しました。2000年以来、交渉者は多大な技術的投資および政治的投資を行い、豊富な実質的資料を作成してきました。国家および地域の法的イニシアチブは、自身が重大なアウトプットとなる交渉資料の草稿を活用し続けます。

しかし、困難さは異なる政治的意欲レベル、目的に対する多様な視点、基本的な政策課題、そしてこれらの技術的に複雑な課題の理解度が異なることから生じています。

バイオテクノロジーおよび情報テクノロジーにおける大規模な構造変動のとどろきもまた、交渉の周辺に聞こえ始めています。同様に、正式な政府間の会話からよりダイナミックで柔軟な多国間の成果への移行に関する多国間主義者の新鮮な思考が広まっています。

本当の交渉を始めることが優先事項のようです。この目的に向けて、プロセスの目的と目標に関する確固たるコンセンサスを確保する、有意義なセッション間作業を確立する、主要な代表団の間で結果的な非公式を可能にするなど、いくつものアイデアがあります。また、要求者が有意義な影響力を作り出す、地域を超えた連合を作る、上級政治家をプロセスの「チャンピオン」として展開する、妥協の結果のための機会を特定する、市民社会を活気づけるといったアイデアもあります。

IGCは新しい任務のもと、 2020年は1年に4回の会合を開く予定です。これは、コミットメントと決意の表れです。過去10年の教訓からは疑いもなく、 実用的で、柔軟で、バランスが取れているが十分に重要な結果を達成するための最善の方法についての考察を学ぶことができます。

IGCの任務の影響は計り知れません。一部の人々が、知的財産制度を強化し、受益者の幅を拡大し、持続可能な開発への知的財産制度の貢献を強化し、多国間主義に対する新たな自信が生まれてくると主張しています。(写真: Bartosz Hadyniak/E+/Getty Images)

IGCによって紹介された活気的な仕組み

  • 総会:IGC加盟国および認定監視役全員による会合。IGCプロセス内の意思決定機関。IGCはWIPO総会に報告する。
  • 主題セッション:遺伝資源、伝統的知識、伝統的文化表現のみに焦点を当てたIGCセッション。対照的に、分野横断セッションでは、2つ以上または全てのトピックで発生している課題にIGCが対処できるよう1つ以上のトピックに焦点を当てている。
  • 特別専門家グループ:国または先住民集会によって指名され、個人的な能力において、IGCの総会で交渉を支援し、円滑に進めるために、IGC関連のトピックに関する特定の法的課題、政策的課題、技術的課題に対処できる専門家で構成されるグループ。
  • セッション間作業グループ:IGCに法的および技術的アドバイスや分析を提供するために2009年のWIPO総会で設立された。2010年と2011年に会合があり、各加盟国から1名ずつ選出された技術的専門家および個人的な能力で参加した認定監視役から構成されている。各セッション間作業グループは、5日間会議する。組織の詳細な手順は2020年5月のIGCにて合意された。現在までに新しいセッション間グループは設立されていない。
  • コンタクトグループ、非公式会合、非公式な非公式会合:IGCセッション中に開催される。これらの会合は、非公式かつ記録しない形式で、主な課題について話し合い、IGCの総会における検討事項として文書または他の形式の提案を作成するために、各地域グループからの限られた数の代表団および1人または2人の先住民の代表から構成されている傾向にある。
  • 進行役:討論を綿密に観察し、見解、ポジション、提案の記録をつけ、提案を草稿し、 総会での評価のために交渉文章の改定を準備することを通じて文書に基づく交渉を援助するために、議長によって提案され、IGCによって承認された個人代表。
  • 議長の友人:継続的またはその場その場で議長を支援する、または議長に助言するためにIGC議長に招待された代表者またはその他の人物。
  • セミナー:2015年、2016年、2017年にWIPO事務局によって運営された。国の代表および監視役の代表が地域的、国家的、コミュニティ的な実践や経験を共有し、主なIGCの課題に関する見解を交換するための非公式な機会。
  • 専門家草稿グループ:IGC総会での検討のための交渉文書の改訂版を作成するオープンエンドな非公式の草稿グループ。
  • 高官セグメント:IGC総会にさらなる情報を提供するため、IGC関連の主要な政策課題に関する見解を共有するために高官(例えば、大使および政府高官など)の間で行われる会合。高官の会合は2014年2月に開催されたIGCセッションの間に行われた。

脚注

*ディレクター、伝統的知識部、WIPO、WIPO IGC事務局。本記事に表現されている見解は著者単独のもので、WIPOまたは加盟国の見解を反映するものではありません。初期の原稿および/または研究援助に関して、Carla Bengoa氏、Fei Jiao氏、Edward Kwakwa氏、Simon Legrand氏、 Begoña Venero氏に著者よりお礼を申し上げます。

**本記事は、Wend Wendlandによる2つの出版物、つまり、Daniel Robinson、Ahmed Abdel-Latif、Pedro Roffe (eds)の2001年から2006年までのIGCの進化:インサイダーアカウント、伝統的知識の保護:知的財産と遺伝資源、伝統的知識と民間伝承に関するWIPO政府間委員会 (Routledge, 2017)31、知的財産と遺伝資源、伝統的知識と伝統的文化表現に関するWIPOでの国際交渉:これまでのプロセス分析および未来の方向性に関する考察(2018年)114 知的財産フォーラム31を更新するものです。これら初期の作品には詳細な参考文献が記載されています。

WIPO Magazineは知的財産権およびWIPOの活動への一般の理解を広めることを意図しているもので、WIPOの公的文書ではありません。本書で用いられている表記および記述は、国・領土・地域もしくは当局の法的地位、または国・地域の境界に関してWIPOの見解を示すものではありません。本書は、WIPO加盟国またはWIPO事務局の見解を反映するものではありません。特定の企業またはメーカーの製品に関する記述は、記述されていない類似企業または製品に優先して、WIPOがそれらを推奨していることを意図するものではありません。