世界知的所有権の日 プレス用の情報とリソース

地域、国、地方、そして、専門の報道機関との積極的な関与は、世界知的所有権の日のメッセージと活動を世界中で宣伝する上で中心的な役割を果たします。キャンペーンでは毎年、関心を持つすべてのステークホルダーに、彼らの取り組みとそれらとキャンペーンテーマとの関連性についての認識を高め、視野にあるキャンペーン関連活動への関心を高めるためにメディアアウトレットを対象としたコミュニケーション活動を計画する機会を提供しています。

コミュニケーション活動の目標は、ステークホルダーの目的や地域のオーディエンスのニーズと関心によって形成されます。たとえば、2021年世界知的所有権の日キャンペーンのテーマである「知的財産と中小企業:アイデアを市場に出す」に関連する事例にスポットライトを当て、知的財産制度のさらなる使用を促進するための地域の取り組みを肯定的に支援することを中心にコミュニケーションを計画することができます。あるいは、イノベーションや経済発展の促進などにおける中小企業の知的財産保護とその促進の重要性に関して批判的なオーディエンスを教育するために、知的財産教育にさらなる重点を置くこともできます。

ステークホルダーは、個々の売り込みを使用してメディアを選択し、エキサイティングなイベントを使用してレポーターをより幅広く引き込むことで、2021年世界知的所有権の日のテーマ「知的財産と中小企業:アイデアを市場に出す」を地域のオーディエンスに合わせてカスタマイズできます。

WIPOは、ステークホルダーがキャンペーンとその重要なメッセージを首尾一貫した方法で拡散するための資料を提供することで、統合されたグローバルキャンペーンを通じてこれらの取り組みをサポートします。

世界知的所有権の日プレスツールキットの配布と使用のサンプルスケジュール:

1月:2021年世界知的所有権の日キャンペーンの重要なメッセージとその他の背景資料がhttps://www.wipo.int/ip-outreach/en/ipday/からオンラインで入手できるようになります。これらの資料を世界知的所有権の日キャンペーン関連のプレスコミュニケーションの基盤として使用することが全てのステークホルダーに推奨されています。

世界知的所有権の日キャンペーン関連のプレスコミュニケーションを計画する際に、ステークホルダーは以下を考慮してください。:

  • 「Save the Date」の通知や世界知的所有権の日のその他の関連情報をまとめる。
  • 国または地域のニュースに掲載するために、キャンペーン関連の問題についての社説の発行を手配する。
  • メディアに掲載するためにキャンペーンテーマについて、著名人、地域の発明家、または政策立案者へのインタビューを手配する。
  • ソーシャルメディアチャネルを通じてこれらを公表する(ソーシャルメディア情報とリソースに関するガイドラインを参照)。

4月上旬: WIPOがテーマに関連する最新メッセージとデータポイント(地域または地方の利用可能な情報を含む)を提供します。これにより、ステークホルダーは4月26日に統一されたグローバルメッセージとデザインと共にオーディエンスのニーズを満たすためにカスタマイズしたプレスコミュニケーションを公開することができます。

4月26日- 世界知的所有権の日:4月26日、WIPOは主要なキャンペーンメッセージとデータを使用した最終的なメッセージを発表しますが、これは世界中のオーディエンスを対象としています。この国際的なプレスリリースをソーシャルメディアやその他のコミュニケーションチャネルを介して拡散することが全てのステークホルダーに推奨されています。