WHO、WTO、WIPOの共同リリース: WHO、WIPO、WTOの各事務局長は、COVID-19のパンデミックに対処するため、世界中の医療技術へのアクセスを支援するための協力を強化することに合意しました

2021/06/24

世界保健機関(WHO)、世界知的所有権機関(WIPO)、世界貿易機関(WTO)の各事務局長は、パンデミックに関する情報の流れを拡大するための一連のワークショップを共同で開催するとともに、医療技術のニーズに関する加盟国政府への三機関による技術支援のための共同プラットフォームを実施することにより、パンデミックに立ち向かう加盟国への支援を強化することに合意しました。6月15日の会合の結果、テドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長、ダレン・タン(Daren Tang)事務局長、ンゴジ・オコンジョ=イウェアラ(Ngozi Okonjo-Iweala)事務局長は以下の声明を発表しました。

WHO、WIPO、WTOの各事務局長は、COVID-19のパンデミックに対処するため、世界中の医療技術へのアクセスを支援するための協力を強化することに合意

ジュネーブ、2021年6月22日

2021年6月15日、私たち、WHO、WIPO、WTOの事務局長は、協力と連帯の精神で会合を持ち、COVID-19のパンデミックや、公衆衛生、知的財産、貿易が交差する差し迫った世界的な課題に取り組むため、さらなる協力関係について協議しました。 我々は、前例のない深刻さと規模の健康危機に直面している世界中の地域社会に対する我々の共通の責任を強く意識し、COVID-19パンデミックを終息させ、世界中のあらゆる場所ですべての人々の健康と幸福を向上させるために、それぞれの機関の専門知識と資源を最大限に活用することを約束しました。

dgnews_22062021_845
ダレン・タンWIPO事務局長(左端)、テドロス・アダノム・ゲブレイェススWHO事務局長(中央)、ンゴジ・オコンジョ=イウェアラWTO事務局長(右端)(Photo: WIPO/Berrod).

我々は、COVID-19のワクチン、治療薬、診断薬、その他の医療技術への普遍的かつ公平なアクセスへのコミットメントを再確認しました。これは、早急な実質的行動を必要とする緊急の道徳的義務であるという理解に根差しています。

この精神に基づき、我々は、公衆衛生上の課題に対する持続可能かつ統合的な解決策を評価し実施しようとするすべての国を支援することを目的とした、WHO-WIPO-WTOの三機関間協力の長年のコミットメントをさらに強化することに合意しました。この既存の協力枠組みの中で、我々は、2つの具体的な取り組みを通じて、今回のパンデミックにおける我々の支援を強化し、集中させることに合意しました。

まず、3つの機関が協力して実務的な能力構築支援ワークショップを開催し、パンデミックの現在の進展と対応に関する最新情報の流れを共有し、COVID-19の医療技術への平等なアクセスを実現します。これらのワークショップの目的は、加盟国政府の政策立案者や専門家の能力を強化し、パンデミックに対応できるようにすることです。この一連の最初のワークショップは、9月に開催される「技術移転とライセンスに関するワークショップ」です。このワークショップでは、知的財産、ノウハウ、技術移転が実際にどのように機能するかについて、参加国ーの知識と理解を深めることができます。このワークショップでは、医療技術だけでなく、関連する製品やサービスについても取り上げます。 この最初のワークショップに続いて、関連する実務的なテーマのワークショップを開催します。

第二に、COVID-19の医療技術に対する各国のニーズに関連して、三機関による技術支援のための共同プラットフォームを実施します。これは、我々の組織や他のパートナーが提供するアクセス、知的財産、貿易問題に関するあらゆる専門知識を、統一された体系的な方法で利用できるワンストップショップを提供するものです。 技術支援のためのプラットフォームでは、特に以下のことを行います。

    • COVID-19のワクチン、医薬品、及び関連技術の満たされていないニーズを評価し、優先順位をつけるために各国を支援します。
    • ワクチン、医薬品、技術を入手するために利用可能なすべての選択肢を最大限に活用するために、タイムリーでカスタマイズされた技術支援を提供します。これには、同様の課題に直面しているメンバー間の調整を通じた共同的な対応も含まれます。

    これらの取り組みは、COVID-19パンデミックへの効果的な対応に必要な、強固で包括的なデータを収集し、アクセスできるようにするための共同作業によって支えられています。 これには、三機関間協力のための重要なリソースであるWHO-WIPO-WTOの2020年の出版物「医療技術とイノベーションへのアクセス促進:公衆衛生、知的財産、貿易の相互関係」(”Promoting Access to Medical Technologies and Innovation: Intersections between public health, intellectual property and trade”)に記載されているCOVID-19関連措置の概要の定期的な更新が含まれます。

背景

世界保健機関(WHO)、世界知的所有権機関(WIPO)、世界貿易機関(WTO)は、2009年以降、公衆衛生、知的財産、貿易に関連する問題についての協力と実務的な調整を強化してきました。 この三機関間協力は、政策立案者のための経験的・事実的な情報基盤を強化し、知的財産と貿易に関連した公衆衛生への取り組みを支援することを目的としています。これまでに、国、地域、多国間レベルでの一連の実務的な技術支援活動、新たな問題を追跡し、将来の政策に反映させることを目的とした一連のハイレベル政策シンポジウム、イノベーションと医療技術へのアクセスに関連する一連の政策問題の包括的な概要を示した三機関間調査などを実施してきました。

WIPO について

世界知的所有権機構(World Intellectual Property Organization 、WIPO)は、知的所有権に関する政策、サービス、情報、協力のための国際的なフォーラムです。国連の専門機関である WIPO は、加盟国193か国 が社会の発展に合わせてバランスの取れた知的財産権の国際的な枠組みを構築できるよう支援しています。また、複数の国で知的財産権を取得し、紛争解決するするためのビジネスサービスも提供しています。さらに、新興国が知的財産を活用して利益を享受できるようにするための能力強化プログラムを提供しています。そして、無料でアクセスできる知的財産情報の独自のナレッジバンクを提供しています。

詳細についてはWIPOのNews and Media部門までお問い合わせください:

  • Tel: (+41 22) 338 81 61 / 338 72 24
  • E-mail