WIPO⽇本事務所、中小企業・ベンチャーをテーマに世界知的所有権の⽇記念オンラインイベントを開催

2021/06/04

2021年4⽉26⽇、WIPO⽇本事務所は世界知的所有権の⽇を記念するオンラインイベントを開催しました。

426日は、世界知的所有権機関(WIPO)を設立する条約が発効した日に由来して、「世界知的所有権の日」に指定されています。知的財産が日常で果たす役割についての理解を深め、発明者や芸術家の社会の発展への貢献を記念するこの日に合わせて、毎年、世界中で様々な記念行事が開催されます。

昨今、ニューノーマルと言われる環境下で、イノベーションを加速させる新たなアイデアや市場の創出がより一層求めらる中、WIPO日本事務所では、2021年のテーマ「知的財産(IP)と中小企業:あなたのアイデアで新しい事業を」の下、各界でご活躍されている方々からのご講演、パネルディスカッション等からなる記念イベントを426日にオンライン形式(無料)で開催しました。

日本を代表する企業の経営者や創業者から、中高生にいたるまで、幅広くご登壇を頂戴し、知的財産制度がイノベーションに果たす役割や起業に向けた課題などを論じていただき、1,200名以上の方に御参加いただくとともに、事後、限定配信でありながら3,500を超える視聴回数となるなど、多くの方々に御視聴いただきました。

記念オンラインイベントの詳細は特設ウェブサイトを御覧ください。当日のアーカイブ動画も御覧いただけます。また、WIPO日本事務所による記念オンラインイベントの開催報告はこちらから御確認いただけます(『A.I.P.P.I.(月報)』誌Vol.66 No.5掲載記事)。さらに、外部メディアにて、下記の通り、詳細な記事やレポートを頂戴しました。

世界知的所有権の日記念オンラインイベント「中小企業と知財、起業に向けた課題」レポート 日本でスタートアップが育つには知財専門家のサポートが不可欠(ウェブサイト名:ASCII STARTUP、運営: 株式会社角川アスキー総合研究所)

wjo_news_2021_news_0023_845
記念イベントにおけるパネルディスカッションの収録風景(無観客) 。(写真︓WIPO⽇本事務所)その他写真はFlickrにて掲載。

WIPOの世界知的所有権の日に関するウェブサイトでは中小企業向けの様々なコンテンツを提供していますのでこちらも御覧ください。

  • 中小企業支援マップ(日本語有り)
  • WIPO IP DiagnosticsIP診断ツール)(英語)※日本語版を近日公開予定
  • 企業向け知的財産ガイドブック(英語)
  • 世界中の中小企業を特集したビデオ(日本語有り)  など