Search WIPO Publications

All topics
Patents (3)

 

Arabic (83)
German (8)
English (344)
Spanish (164)
French (178)
Italian (4)
Japanese
Korean (1)
Dutch (1)
Russian (88)
Chinese (82)

 

Older

 

Query  > Japanese > older

1 - 10 / 12 results
Results per page
Sort by
WIPO/PUB/901/2017/EXEC-SUMMARY

2017年 PCT年次報告 <エグゼクティブ・サマリー>

国際特許制度

本書では、WIPOが管轄する 特許協力条約 (PCT) の利用に 関する主な動向について説明する。 このサマリー版は、2017年 PCT年次報告における統計を 要約したものである。

Publication year: 2017

WIPO/PUB/1050/2017

2017年 - WIPO総会事務局長報告書

本報告書では前回のWIPO総会以来達成された業績が紹介されています。

Publication year: 2017

WIPO/RE:SEARCH/5YEARPLAN

WIPO Re:Search 2017~2021年戦略計画

WIPO Re:Searchは設立から5年が経ち、発展を遂げて参りました。WIPO Re:Searchは、元々、知的財産が健康の分野においてイノベーション促し、新たな研究と開発を促進することが可能であることを実証することを意図しており、この実証は達成することができました。

WIPO Re:Searchに対する外部の戦略的評価の提案に基づき、本戦略計画は、全てのWIPO Re:Searchメンバーとの協力によって作成され、いくつかの原則に基づいてこれから進むべき道を示します。原則は、知的財産の肯定的価値、積極的なパートナーリングメカニズムの必要性、製品開発への潜在的な貢献の長期的な見通し、知的財産マネジメントと研究のための人材育成の重要性、パートナーリングと協力のための追加的リソースを動員することの重要性、そして、知的財産、研究、WIPO Re:Searchそのものをより広範に理解することの価値です。

Publication year: 2017

WIPO/MADRID/ESERVICES

マドリッド制度のE-Services

世界中で商標を守るために必要なツール

本書では、商標の国際登録のライフサイクルにおける各段階(調査、出願、モニタリング、マネジメント)において、商標権者をサポートするためのマドリッド制度のオンラインツールとリソースの概要が紹介されています。また、各ツールについて、使用するタイミングや意義の説明をはじめ主要な利点や特徴も紹介されています。

Publication year: 2017

WIPO/PUB/1050/2016

2016年 - WIPO総会事務局長報告書

本報告書では前回のWIPO総会以来達成された業績が紹介されています。

Publication year: 2016

WIPO/PUB/799/2016

WIPO ADR による 知的財産・技術紛争解決

裁判外紛争処理による速やかな解決に向けて

知的財産紛争は裁判で処理することもできますが、昨今は、調停や仲裁あるいはその他の裁判外紛争処理(ADR)手段を利用するケースが増えてきています。

Publication year: 2016

WIPO/PUB/L434/8

PATENTSCOPE ユーザ ガイド

WIPOのPATENTSCOPE検索サービスは、無料で利用でき、PCT国際出願やデータ提供している各国の国内特許文献コレクションの膨大な数の特許文献へのアクセスを可能にします。

Publication year: 2015

WIPO/PUB/1050/15

WIPO総会事務局長報告書 - 年次報告書 (2015)

本報告書では前回のWIPO総会以来達成された業績が紹介されています。

Publication year: 2015

WIPO/PUB/L434/7

PATENTSCOPE 検索サービス及び CLIRの紹介

PATENTSCOPE検索サービスは、特許協力条約(PCT)の下で出願された特許出願と、データ提供している国や地域の特許庁の特許文献へのアクセスを可能にします。PCT出願および関連書類についての最新の情報源であり、毎週、情報は更新されます。インターネット上で利用できる無料の検索システムです。

Publication year: 2015

WIPO/PUB/1060

WIPO 知的財産の活用

WIPOは知的財産に関する政策策定、サービス、情報の提供、協力の推進のためのグローバル・フォーラムです。当機関は独立採算の国連専門機関で、知的財産の活用によるイノベーションと独創性の促進を任務としています。WIPOは、知的財産とイノベーションには密接な関連性があると考えています。知的財産は、アイデアや独自の創作物を生み出した個人に報いることに関わっています。それはイノベーションや新たな解決策への企業の投資を奨励することにつながります。それはあらゆる人の利益のためにイノベーションと独創性を実現する手段です。

Publication year: 2014