地理的表示に関する世界シンポジウム

202196日—98日(オンライン開催)

地理的表示(GI)に関する世界シンポジウムは二年毎に開催され、各国の行政機関の代表者、GI製品の生産者、GI専門家が一堂に会します。

本シンポジウムは、地理的表示の使用と保護に関連した問題について、意見や見解を交換する場を提供しています。また、この分野の最近の進展に関する技術的な洞察や情報も紹介しています。

開催言語は英語、アラビア語、スペイン語、フランス語、ロシア語、中国語です。

本イベントの動画と資料をご覧いただけます。

動画と資料

gi_exhibit_welcome_845

地理的表示のバーチャル展示会

開催期間:2021年9月6日—2022年3月6日

本展示会では、地理的表示の分野におけるWIPOの活動や世界中の加盟国による様々な商品の地理的表示の例をご覧いただけます。

展示会を見る

プログラム

ライブ・ディスカッションでは、地理的表示に関連する様々な法的、技術的、商業化、政治的問題を取り上げ、これらの問題を議論するための非公式なプラットフォームを提供します。議論の内容は以下の通りです。

  • Selected International Developments(主要な国際開発)
  • The Socio-economic Impact of Geographical Indications(地理的表示の社会的・経済的影響)
  • Commercialization Strategies for Geographical Indications(地理的表示の商業化戦略)
  • Geographical Indications and Trade(地理的表示と貿易)
  • Geographical Indications and Sustainability(地理的表示と持続可能性)
  • Challenges for Geographical Indications and the Internet Domain Name System(地理的表示とインターネット・ドメイン・ネーム・システムの課題)

本シンポジウムの開催に伴い、2021年9月6日から6か月間にわたり、地理的表示に関するバーチャル展示会も開催いたします。バーチャル展示会では、地理的表示(政策目標、法的保護、貿易の観点、消費者保護の側面、ブランディング)について紹介し、世界中の加盟国のさまざまな種類の製品に関連する例を通じて、地理的表示がどのように機能するかを説明します。

1日目:2021年9月6日(月)

11:40 シンポジウムオープン(シンポジウムへのオンライン接続が可能となります)

Opening address 開会挨拶 (12:00 – 12:20)

Opening remarks
Daren Tang

WIPO Director General

12.20 - 12.30 Break(休憩)

12.30 - 13.40 Selected International Developments(主要な国際開発)

地理的表示の法的保護への取り組みは、地理的表示が開発・使用される国や地域、国際的な状況によって異なります。また、地理的表示に対する積極的な規制や保護スキームの開発が継続されています。本パネルでは、特定の国や地域、多国間レベルでのこのような動向を検証します。

モデレーターとパネリスト

Moderator: Francis Fay
Head, Unit Geographical Indications, Directorate General Agriculture and Rural Development, European Commission, Brussels
Speaker: Alexandra Grazioli
Director, Lisbon Registry, Department for Trademarks, Industrial Designs and Geographical Indications, Brands and Designs Sector, WIPO
Suelen Carls
Visiting Professor, University of Marília (Unimar), Marília, Brazil
Li Yue
Expert, Intellectual Property Protection Department, China National Intellectual Property Administration(CNIPA), Beijing

13.40 - 13.50 Break(休憩)

13.50 - 15.00 The Socio-economic Impact of Geographical Indications (地理的表示の社会的・経済的影響)

地理的表示は、経済的、社会的、文化的な様々な目的を達成するために利用できる政策ツールです。本パネルでは、GI政策が生産者、地域社会、消費者に与える影響について議論し、地理的表示の経済的価値についてこれまでに公表された最も包括的な経済研究の一つを検証する機会を提供します。

モデレーターとパネリスト

Moderator: Intan Hamdan-Livramento
Economic Officer, Innovation Economy Section, Department for Economics and Data Analytics, IP and Innovation Ecosystems Sector, WIPO
Speaker: Tanguy Chever
Consultant, AND International, Paris
Alexander Parra Peña
Attorney, Artesanías de Colombia, Bogotá
Hazel Moir
Adjunct Associate Professor, Centre for European Studies (CES), Australian National University (ANU), Canberra
Reto Meili
Project Coordinator, International Cooperation Division, Swiss Federal Institute of Intellectual Property (IPI), Bern

2日目:202197日(火)

11:40 シンポジウムオープン(シンポジウムへのオンライン接続が可能となります)

12:00 – 13:15 Commercialization Strategies for Geographical Indications(地理的表示の商業化戦略)

地理的表示の保護は、生産者を組織化し、地理的表示の下で販売される製品の品質を向上・強化する必要性から、特定の製品に採用されることが多いです。しかし、保護スキームを採用したからといって、自動的に商業的な成功が得られるわけではありません。商業的成功を収めるには、地理的表示製品のブランディングはどのように行われなければならないのでしょうか。

モデレーターとパネリスト

Moderator: Pilar Montero
Commercial Law Professor, University of Alicante, Alicante, Spain
Speaker: Paola Andrea Romero Torres
Member of the Geographical Indications Committee, International Trademark Association (INTA), Bogotá
Margalita Avkopashvili
Brother’s Cellars, Bolnisi, Georgia
Khalid Rahel
Head, Research and Development Quality Division, Ministry of Tourism, Handicrafts, Air Transport and Social Economy, Rabat  

13.15 - 13.30 Break (休憩)

13.30 - 15.00 Geographical Indications and Trade (地理的表示と貿易)

地理的表示のある製品の多くは、国境を越えて取引されます。あらゆる無形商品と同様に、これには生産者、貿易業者、消費者にとって多くの課題を伴います。地理的表示製品の貿易に関する特別規定は、国際的な二国間、地域間、多国間の貿易協定の中で長い間取り上げられてきましたが、少なくともWTOTRIPS協定には盛り込まれていません。本パネルでは、この分野における最新の動向に関する見通しを示すとともに、地理的表示が事前に汎用製品の説明として使用されている市場において、地理的名称を地理的表示として使用することに反対する議論を提示する機会を提供します。

モデレーターとパネリスト

Moderator: Tony Taubman
Director, Intellectual Property, Government Procurement and Competition Division, World Trade Organization (WTO), Geneva
Speaker: Irene Calboli
Academic Fellow and Visiting Professor, Singapore University of Social Sciences, Singapore
Maximiliano Santa Cruz
Director, Santa Cruz IP, Santiago de Chile
Shawna Morris
Senior Director, Consortium for Common Food Names (CCFN), Arlington, Virginia, United States of America

3日目:202198日(水)

11:40 シンポジウムオープン(シンポジウムへのオンライン接続が可能となります)

12:00 – 13:15 Geographical Indications and Sustainability (地理的表示と持続可能性)

以前のパネルでも議論されたように、地理的表示は様々な政策目標を支援することができます。地球温暖化や気候変動などの最近の動向を背景に、あらゆる種類の製品の持続可能な生産の問題がますます重要になっています。本パネルでは、いくつかの具体的な事例を検討します。

モデレーターとパネリスト

Moderator: Massimo Vittori
Managing Director, Organization for an International Geographical Indications Network (oriGIn), Geneva
Speaker: Pape-Tahirou Kanouté
Agricultural Economist, ETDS (Économie Territoires et Développement Services), Ziguinchor, Senegal
Dirk Troskie
Director, Business Planning and Strategy, Department of Agriculture, Ministry of Agriculture, Elsenburg, South Africa
Miranda Risang Ayu Palar
Head, Intellectual Property Center on Regulation and Application Studies, Faculty of Law, Universitas Padjadjaran, Bandung, Indonesia

13.15 -13.30 Break (休憩)

13:30 – 14:45 Challenges for Geographical Indications and the Internet Domain Name System (地理的表示とインターネット・ドメイン・ネーム・システムの課題)

インターネットの利用が爆発的に急増して以来、ドメイン名の登録数は増加の一途をたどっています。2019年、ベリサイン(Verisign)社は、合計46000万の登録済みドメイン名が存在していると推定しました。ドメイン名の登録は必ずしも紛争がないわけではなく、ドメイン名登録ポリシーはあらゆる種類の名前の所有権や人格的利益を保護しています。最も顕著なのは、ICANNInternet Corporation for Assigned Names and Numbers)の統一紛争処理方針(Uniform Dispute Resolution Policy, UDRP)が、ドメイン名として悪意をもって登録された商標に対する保護メカニズムを提供していることです。しかし、UDRPは特殊な地理的表示には適用されないため、様々な議論が行われてきました。本パネルでは、この現在の状況を確認します。

モデレーターとパネリスト

Moderator: Heather Forrest
Senior Researcher (Adjunct), University of Tasmania, Hobart, Australia
Speaker: John D. Rodriguez
Attorney-Advisor (Trademarks), Office of Policy and International Affairs (OPIA), United States Patent and Trademark Office (USPTO), Alexandria, Virginia, United States of America
Delia Belciu
Chair, Data Committee, European Communities Trademark Association (ECTA), Brussels
Manal Ismail
Chair, Governmental Advisory Committee (GAC), Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (ICANN), Cairo

14.45 – 15.00 Closing remarks (閉会挨拶)

Wang Binying
Deputy Director General, Brands and Designs Sector, WIPO

関連リンク

その他の知的財産について