前進する:持続可能な水のイノベーション

2021/03/22

WIPO GREENでは、食料安全保障、健康、経済、環境、その他のあらゆる社会機能の領域に影響を与える水管理のイノベーションについて特集しています。

WASHセクターのイノベーション

2020年、WIPO GREENは、Innovative Technology in the Water, Sanitation and Hygine (WASH) Sector (水と衛生(WASH)セクターにおける革新的技術)と題したGlobal Challenges Brief(地球規模課題に関する概要)を発表しました。本書では、埋蔵量の補充、持続可能な抽出、輸送、分配、廃水の処理と処分など、さまざまな要素を通じて水管理プロセスを改善するためのイノベーションと技術に焦点を当てています。

また、革新的な水管理技術がどのように進化してきたかついても触れています。例えば、早期警告システム、リモートセンシングと地理情報システム(GIS)、衛星、無人航空機(ドローン)、ブロックチェーン技術、水損失とセンサーを利用した管理システムなどが挙げられています。本書では、これらのソリューションの利点と限界を特定し、実際の実用的な例を紹介しています。また、例えば砂漠の水の収穫技術など、開発中のイノベーションも紹介しています。

廃水処理 –包括的なプロセス

フィリピンのアダムソン大学の研究者であるMerlinda A Palencia教授は、廃水を灌漑でも使用することができるようなきれいな水に変える有機的なプロセスを発明しました。彼女の発明であるVigrominは、ミネラルと他の天然成分をブレンドした、完全にオーガニックで環境に優しい粉末です。この技術は、一般的に市販されている従来の浄水製品とは大きく異なります。従来型の多くは、高度に化学的あるいは機械化されているため、中小企業や個人の家庭での使用は困難でした。

(写真:Palencia博士提供

Vigorminは誰でも使用できるため、水処理というプロセスに皆が参加できるようになります。Vigorminを60日以上定期的に使用すると、廃棄されることになる処理水を作物の点滴灌漑に安全に再利用することができます。

Vigorminは現在、アダムソン大学によって営業秘密として保護されており、実用新案としてフィリピン知的財産庁(IPOPHL)の特許局に登録されています。2020年、Palencia教授は、誰もがこの水処理の方法使えるようにするために、Envigorというスタートアップ企業を立ち上げました。VigorminとEnvigorという名前は、フィリピンで商標として登録されています。

WIPO GREENデータベースの水イノベーション

WIPO GREENデータベースは、世界各国の持続可能なソリューションとニーズのカタログです。プロトタイプから市場性のある製品まで、ライセンス、コラボレーション、合弁事業、販売に利用可能な技術を提供しています。また、環境、食料安全保障、気候変動に関連する特定の課題に対処するための技術を求める企業、機関、非政府組織、政府からのニーズも含まれています。

WIPO GREENデータベースには、水に関する200以上の技術と30以上のニーズがあり、水処理、淡水化、貯水量の評価・監視・制御などのカテゴリに分類されています。データベースには、5大陸37か国からの登録があり、その中でもイスラエル(59件)、米国(56件)、ケニア(32件)からの登録が最も多くなっています。

注目されている技術

東洋アルミエコープロダクツ株式会社による太陽エネルギーを利用した浄水装置

東洋アルミエコープロダクツ株式会社は、大規模な設備を必要とせずに、太陽エネルギーを簡単かつ安価に使用できる浄水装置を開発しました。凹型の凝縮機構、加熱容器、蒸留管が組み合わさった小規模な浄水装置により、世界中のより多くの人々がきれいな水を利用できるようになります。

注目されているニーズ

アルゼンチンの国立農業技術研究所(INTA)による、アルゼンチンの水不足を緩和するための新たな灌漑技術

アルゼンチンでは、水の消費量が増加しているため、特に気候変動の状況下では、水不足が深刻化しています。水利用効率の改善、灌漑の新たな技術と自動化システムの採用は重要なニーズです。

水に関連する技術は、以下のカテゴリにも見られます。

環境技術について他にも情報をご覧になりたい場合は、WIPO GREENのユーザー登録(無料)をお願いいたします。無制限でデータベースにアクセスできます。

WIPO GREEN について

WIPO GREENは持続可能な技術の世界市場であり、気候変動に対処するための世界的な取り組みを支援しています。WIPO GREENは、オンラインデータベースと地域活動を通じて、技術を求める側と提供する側をマッチングさせ、グリーンイノベーションを促進し、環境技術の移転と普及を促進します。毎月発行されるWIPOGREENニュースレターの購読もご検討ください。