ニース分類の最新版と連携したMadrid Goods & Services Manager

2017/02/10

Madrid Goods & Services Manager は、先月、1,000以上の新しい用語とニース分類第11版との連携を含み、アップデートされました。

(iStockphoto.com/wutwhanfot)

国際商標出願の出願書類を作成する際には、出願人は、当該商標の対象となる商品及び役務(サービス)を決定する必要があります。Madrid Goods & Services Manager は、ニース分類の最新のアルファベット順一覧表、WIPO及び29の国・地域の知的財産庁によって受け入れられた用語を含む広範囲な用語集と説明へのアクセスを提供するものです。これを利用することにより、ユーザーは、 商品及び役務のリストの編集や参照をしやすくなります。

Madrid Goods & Services Managerの改訂版は、過去に認められた1,000以上の用語の追加によりさらなる柔軟性を提案し、商品及び役務に関する拒絶理由がかかる可能性を軽減し、より広範囲で詳細な選択肢をユーザーに提供します。

  • Madrid Goods & Services Managerの詳細については こちら
  • ニース分類の詳細については こちら
  • マドリッド制度の詳細については こちら

最新情報

1,300以上の新しい用語

Madrid Goods & Services Managerのデータベースには、ニース分類の最新版と、WIPO及び世界の知的財産庁によって受け入れられた用語が掲載されています。アップデートされたデータベースには、ニース分類第11版に追加された324の新しい用語に加え  PDF, NCL11-2017 main changes and MGS alignment 、WIPOが受け入れる1,000語以上の新しい追加用語が含まれています。

このアップデートの結果、当該データベースは、商品及びサービスに関する61,000以上の表示(英語)と、WIPOが受け入れる26,000以上の用語(英語)を、テキスト入力機能を利用して指定商品・役務のリストを作成するユーザーに提供しています。

類見出しと注釈の変更

Madrid Goods & Services Managerの最新版は、 ニース国際分類第11版に関する、すべての給仕用具(serving utensils)の第 21類への移行、 15個の類見出しと22個の注釈の変更 を統合しています。

区分の変更

給仕用具(serving utensils)の変更は、追加、削除、類見出しの変更と共に、ニース分類第11版によって導入された多くの区分変更の一部にすぎません。

第21類に移行されたものには、「nutcrackers」「crab and lobster crackers」もあります。台所用として使用されるものである、すりばちとすりこぎの区分変更により、「Suribachi(Japanese-style earthenware mortars)」及び「 Surikogi(Japanese-style wooden pestles)」も第21類に移行されました。

また、「medicated goods」と「non-medicated goods」に関連する類見出しの変更の結果、いくつかの用語が第3類から第5類に移行しました。これらには、医療用シャンプー、医療用せっけん、医療用練り歯磨き、医療用歯磨き、医療用ヘアーローション(medicated shampoos, medicated soaps, medicated toothpastes, medicated dentifrices, medicated hair lotions)や、抗菌せっけん、手洗い用抗菌せっけん、消毒用のせっけん及び消毒剤、殺菌効果のある洗剤(antibacterial soap, antibacterial hand washes, disinfecting soaps and disinfectants, germicidal detergents)が含まれます。

その他の区分についても、区分変更がありましたが PDF, NCL11-2017 main changes and MGS alignment 、すべて ニース分類の最新版 に反映されています。

カナダの参加

Madrid Goods & Services Managerでは、商品及び役務のリスト (ニース分類のアルファベット順一覧に掲載された用語を含む)について、マドリッド制度には現時点では未加盟である カナダの知的財産庁 によって受け入れられるかどうか、事前に確認する機会をユーザーに提供しています。カナダは近い将来 マドリッド制度 に参加する意向を示しています。ユーザーは、このデータベースに表示された情報を用いることによって、 カナダの知的財産庁に直接出願する際に、当該ツールを役立てることができます。

Madrid Goods & Services Managerの利点

このデータベースは、ユーザーが国際商標出願に際して、商品やサービスの一覧を編集する際に便利な機能やコンテンツを提供しています。

  • 多言語機能: ヘルプ(HELP)及び よくある質問(FAQ)を含むすべてのデータベースのコンテンツについて、マドリッド制度における3つの作業言語(英語、フランス語、スペイン語)と、その他15の言語(アラビア語、中国語、オランダ語、ドイツ語、ヘブライ語、イタリア語、日本語、韓国語、モンゴル語、ノルウェー語、ポ ルトガル語、ロシア語、セルビア語、トルコ語、ウクライナ語)で利用できます。
  • ニース分類の最新版との連携:ニース分類の アルファベット順一覧 に記載されたすべての区分、 類見出し、用語について18の言語でご覧いただけます(翻訳は、英語とフランス語のニース分類の2つの公用語によって行われた区分の移行や変更に基づいています)。
  • 18の言語による注釈:ユーザーがニース分類のアルファベット順一覧で見つけられなかった用語の適切な区分について判断材料となるものです。
  • ニース分類の「固有番号(indication basic number)」による検索 :ユーザーは、通称「表示(indication)」と 言われる個々のアイテムに公式に付けられたニース分類の固有番号を用いて検索することができます。
  • マドリッド制度の28の締約国とカナダ:Madrid Goods & Services Managerに参加するマドリッド制度の 締約国 の数は増え続けています。そして、近年のMadrid Goods & Services Managerへのカナダの参加にみるように、その数は将来的にさらに増えるでしょう。
  • 「受け入れ確認(check acceptance)」機能:国際商標出願における商品及び役務リストに起因する欠陥通報や暫定的拒絶通報の軽減に資するよう、このデータベースでは「 WIPOによる受け入れ確認(Check acceptance by WIPO)」機能を使って、WIPOに受け入れられるかどうか、または「dCPによる受け入れ確認(Check acceptance by dCP)」機能を使って、WIPOによって受け入れられた用語が締約国の知的財産庁でも受け入れられるか、ユーザーが確認できる機能を提供しています。
  • 類似群コード(Similar group codes) :いくつかの国が「類似群コード」の使用を通じて商標検索を行うコーディング(符号化)システムを開発しています(類似群コードは、いくつかの知的財産庁の審査で使用されています)。Madrid Goods & Services Managerのユーザーは、WIPOに当該コードを伝えた日本特許庁(JPO)と韓国特許庁の( KIPO)の「類似群コード」にアクセスすることができます。

Madrid Goods & Services Manager について

Madrid Goods & Services Manager は、国際商標出願の際に必要な商品及び役務のリストの作成をサポートをする多言語によるオンラインツールです。ニース分類のアルファベット順一覧表、WIPO、カナダ、マドリッド制度に加盟している28カ国の知的財産庁によって受け入れられた用語を掲載しています。以前に認められた用語を使用することにより、審査の遅延、欠陥通報や暫定的拒絶通報によって生じうるコストを軽減することができます。Madrid Goods & Services Managerのデータベースは、マドリッド制度の3つの作業言語(英語、フランス語、スペイン語)を含む18言語で提供しています。

ご質問・ご意見はこちら

問合せ先

関連情報: