マドリッド制度の活用事例 (ハイライト): Mueloliva – コルドバ県スブベティカ山地から、スペインの『黄金の液体』をお届け

2022/10/03

Mueloliva (ムエルオリヴァ) は80年前、『オリーブ油の伝統的な製法を遵守することで、製品の品質を守り抜く』というビジョンを持って誕生しました。現在、高品質のオリーブ油を毎年2000万リットル以上製造し、50を超える国々に届けています。

Mueloliva のオリーブ油の瓶の写真
(写真: Mueloliva)

Muelolivaには権利存続中の登録商標が4つあり、マドリッド制度を有効活用することで、さまざまな市場へ事業展開しています。Muelolivaが高品質のオリーブ油を世界各国に輸出する上で、マドリッド制度をどのように役立てているか、ご覧ください。

この活用事例の全文を読む

貴社の活用事例をご紹介ください

マドリッド制度を利用中の会社の皆様―マドリッド制度を有効活用することで国際的な商標保護を実現した事例を募集しています。ご紹介いただける場合、Contact Madridからご連絡ください。「My request concerns (ご要望) 」欄で「Something else (その他) 」を選択して、貴社のブランドについてお知らせください。

マドリッド制度のその他の活用事例