マドリッド議定書加盟準備:概要

国又は政府間機関が、標章の国際登録に関するマドリッド協定議定書 (マドリッド議定書)に加入する意思を表明した場合、WIPOは、加盟に向けた最善の準備方法及び必要となる支援について政府関係者と協議を開始します。

Resources

準備作業

Flow chart of accession steps

まず現状についての評価が行われ、加盟書の寄託前に、WIPOは検討を要する内容及び対応を要する相違点について特定を行います。

加盟候補国には、以下の6つの分野について準備作業が求められます。

  • Change leadership;
  • 法制度;
  • 組織的・制度面の検討事項;
  • 手続・運用面の検討事項;
  • IT面の検討事項;
  • Community changes.