COVID-19 パンデミック: 国際事務局 (IB) ならびに受理官庁としての国際事務局 (RO/IB) は、PCT出願の受理および処理の目的で運営を継続

2020/03/17

2020年3月17日より、WIPOでは大部分のスタッフに対してリモートワークを導入し、一部の必要不可欠なスタッフのみWIPO施設内で勤務しています。その結果、現時点では、国際事務局 (IB) ならびに受理官庁としての国際事務局 (RO/IB) は、PCT出願の受理および処理の目的で運営を継続しています。詳細は、プレスリリースPR/847/2020 (英語) をご参照ください。

もし、まだ行っていない場合は、あなたがPCT関連手続きを行っている他の官庁においてCOVID-19に関する通知が発行されていないか確認することをお勧めします。

さらに、次号のPCTニュースレター「実務アドバイス」を参照し、PCTの官庁が例外的に閉鎖されたり、出願人または代理人の企業/事務所が一時的に閉鎖を余儀なくされたりしたことによって、期限に間に合わなかった場合に適用される可能性のある救済措置に関する情報についてご確認ください。