マドリッド制度公開ウェビナー: 受講証明書の発行が可能に

2021/09/23

WIPOでは、かねてより多くの皆様からご要望のあったウェビナー受講証明書の発行に向けて取り組んでまいりました。この度、英語、フランス語、スペイン語で実施されるマドリッド制度に関するすべての公開ウェビナーで、受講証明書が発行可能になりました。発行サービスは本日から受け付けております。

webinar_madrid_certificates_en

ウェビナーにご登録の際は、ご入力された氏名に誤りがないことをご確認ください。入力された氏名が証明書に記載されます。また、証明書がダウンロードできるよう、WIPOユーザアカウント (WIPO Account) と同じメールアドレスでご登録ください。

法人で一つのアカウントを利用されている場合などには、ご自身の名義で新たにWIPOユーザアカウントを作成してから、ウェビナーにご登録ください。

受講証明書の活用

受講証明書をLinkedInTwitter、その他のSNSでシェアしてご活用いただけます。その際には「#MadridSystem」というハッシュタグを付け、WIPOにタグ付けすることをお勧めします。

マドリッド制度公開ウェビナーの活用

Madrid News (マドリッド制度のニュースレター) の購読手続をするとマドリッド制度公開ウェビナーに関する最新情報を逃しません。マドリッド制度公開ウェビナーへの招待状やマドリッド制度に関する最新情報、法的情報を随時お受け取りいただけます。

ご質問・ご意見

皆様のご意見をお聞かせください。ウェビナーに関するご意見やトピックのリクエストをお送りください。Contact Madridのドロップダウンメニューから「Madrid System webinars, seminars and video tutorials (マドリッド制度のウェビナー、セミナー、チュートリアル)」を選択するだけで簡単に送信できます。