e-Renewalをアップデートしました

2017/07/06

あなたのブランド、そして、あなたの時間には価値があります。そこで、e-servicesの効率化を目指した現在行われている取り組みの一部として、手数料に関連する欠陥のリスクを最小化するために、Madrid e-Renewalシステムの変更を行っています。

写真: © ISTOCK.COM/PEOPLEIMAGES

この1年で、20カ国以上におよぶマドリッド制度加盟国が国際商標登録の手数料を変更しました。更新請求を提出する直前に、Fee Calculatorを使用して費用を再計算しなければ、WIPOから 費用に関連した予期せぬ欠陥通報を受け取る事態に直面するかもしれません。

最新情報

7月6日木曜日より、更新のオンライン請求は、国際商標登録の満了3ヶ月前から利用できるようになります。e-Renewalシステムを通じて支払いを完了すると、請求はそれ以降の手数料の変更に影響を受けません。これは事前に、更新にかかる費用を正確に、そして確実性を持って予想できることを意味します。また、下記、Madrid e-Renewalサービスのユニークな機能および柔軟性の恩恵も受けることができます。:

  • 国際登録に関する詳細な最新情報(国際登録番号(IRN)、名義人詳細、本国官庁、代理人、指定の締約国官庁)
  • 指定の各締約国官庁における保護のステータス(拒絶の総数は青で記載、無効の総数は赤で記載)
  • 適用費用一覧(タイプおよび締約国官庁に基づいて表示)
  • 商標の視覚的再現(適用される場合)
  • 更新の詳細が記載された自動確認メール

E-Renewalの利用方法

WIPOのマドリッド制度を通じて登録された商標は、10年間有効となり、10年ごとにWIPOで直接更新できます。e-Renewalサービスを使用すれば、有効期限が切れる前(または満了後6ヶ月以内)に国際商標更新のオンライン請求およびクレジットカードまたはWIPO現行のアカウントを使用した更新手数料の支払いができます。国際登録番号を入力し、登録更新を希望する締約国官庁を選び、支払い情報を入力するだけです。

アドバイス!更新費用の最も正確な最新の見積もりには、Fee Calculatorをご利用ください。

質問

更新は、マドリッド制度の共通規則に基づいて管理されています。更新に関する追加情報については、How Toガイドをご参照ください。また、詳細についてはこちらまでお問い合わせください。

詳細