マドリッドカスタマーサービス: 各種様式、書類、応答および通知の送付

商標の名義人およびその代理人

国際登録の名義人(または名義人の代理人)の場合、各種様式、書類の提出、欠陥通報への応答の際には、Contact MadridサービスまたはMadrid Portfolio Managerを使用してください。

注記 – Madrid Portfolio Managerにアクセスするには、WIPOユーザーアカウントの登録が必要です。

2018年4月1日をもちまして、ファクスによるサービスは終了しました。各種様式または書類の提出には、前述の連絡手段のいずれかをご利用ください。

マドリッド制度加盟国の知財庁

Madrid Office Portal

Madrid Office Portalは、締約国の知財庁がWIPOと書類や通知のやり取りをするための安全な手段です。

締約国の官庁は、独自のユーザー名およびパスワードを使用して、カスタマイズされたポータルにアクセスできます。使用を開始するには、知財庁用のWIPOユーザーアカウントを作成し、ポータルへの安全なアクセス権をこちらより請求してください。(国/地域の知財庁の代表者であることを提示し、「技術サポート」のカテゴリを選択してください。)

Madrid Office Portal の使用により以下ができるようになります:

  • 現在および過去のWIPO通知を閲覧およびダウンロードする
  • 官庁からの書類をアップロードする
  • 出願様式、官庁からの通知、およびその他の申請を送信する
  • 欠陥通報に対する応答をアップロードする
  • 国際登録の状況をリアルタイムで追跡する
  • 国際登録およびWIPO公報を検索する。

Madrid e-Filing –国際出願用

Madrid e-Filingは、マドリッド制度の電子出願用インターフェースです。これは、知財庁用のMM2の書面の様式に置き換わるペーパーレスの出願およびコミュニケーションプラットフォームです。各本国官庁は、認証手続きの初期段階で特定された不備を簡単かつ確実に追跡し、e-Filingプラットフォームを通じて、この情報を出願人に直接知らせることができます。

知財庁用のe-Filingの設定は簡単で、そして、無料です。また、 WIPOは、現在お使いのITシステムにプラットフォームを導入するサポートをします。詳細についてはこちらまでお問い合わせください。

Madrid Electronic CommunicAtion (MECA、マドリッド電子通信)サービス

MECAは、WIPOと書類をやり取りする安全で効率的なもう一つの手段です。書面で送付されていたコミュニケーションは、MECAサービスを使用することで電子的に(XMLフォーマットにて)WIPOに送信することができます。

同様に、 MECAサービスを通じて、WIPOから知財庁への全通知を電子的に送信するよう依頼することができます。

MECAサービスへのアクセスおよび/または技術サポートの依頼に関してお問い合わせください。(自身を知財庁に指定し、「技術サポート」を選択してください。)

ファクス

ファクスは終了しました (2018年4月1日付け)。応答、書類、通知の送信にはMadrid Office PortalまたはMECAをご利用ください。