Madrid e-Filing:登録手続きが簡単になり、ユーザーエクスペリエンスが向上しました

知財庁のニーズを把握したWIPOが独自に開発したMadrid e-Filingは、マドリッド制度の電子国際登録出願用インターフェースです。このサービスには、従来の様式MM2の代わりとして使える出願(ユーザー)用と、カスタマイズ可能な本国官庁用の2つのモジュールがあります。

Madrid e-Filingとは

Madrid e-Filingでは、商品・役務リストを含む出願人の基礎商標に関する重要なデータを本国官庁の登録簿から直接かつ簡単に検索し、国際登録出願手続を通して、このデータを自動入力させることができます。知財庁はオンラインで受領した国際登録出願書類をスピーディに確認・審査し、WIPOにそのまま転送することができます。

Madrid e-Filingサービスはペーパーレスなオンライン出願通信サービスです。国際登録出願に関して出願人や知財庁に送信される全ての通報は、Madrid e-Filingプラットフォーム上で行われます。たとえば、ユーザーは欠陥通報もこのプラットフォーム上で受け取り、そのまま対応することができます。知財庁は欠陥通報の最新状況を確認し、出願人からその対応として受領した追加書類をWIPOに返信します。Madrid e-Filingでは、これら全ての作業をオンラインで安全かつ簡単に行うことができます。

Madrid e-Filingプラットフォームに加え、WIPOでは、ユーザー認証やユーザーインターフェースの翻訳サービス、継続的な技術サポートサービスも提供しています。

Madrid e-Filingに関心のある全ての知財庁が、このサービスを無償で利用することができます。


主な機能:

  • 知財庁の登録済みデータをインポート:知財庁の商標登録簿から直接データをインポートできるので、国際登録出願手続がこれまで以上に簡単になります。商標データが自動入力されるため、欠陥通報のリスクを下げ、結果として国際登録にかかる時間を短縮できます。
  • 区分検証機能および翻訳サービスを内蔵:プラットフォーム上で提供しているこれらのツールを使い、スピーディかつより正確な出願が可能になります。
  • 安定性と安全性を強化した決済プラットフォーム:主要クレジットカード、WIPOの予納口座、PayPalなど、幅広い決済オプションの中からご希望の方法でお支払いいただけます。
  • 欠陥通報への対応期限の電子通知:本国官庁はこれらの通知をMadrid e-Filingの出願案件上で出願人に直接送ることができます。
  • アプリ上での欠陥通報管理:出願人はMadrid e-Filingの出願案件上で欠陥通報を受領し、それに対応することができるため、登録手続を迅速に進めることができます。

Madrid e-Filingを導入すべき理由

Madrid e-Filingは出願手続で知財庁にかかる時間や欠陥通報を受けるリスクを減らすと同時に、出願人が従来の紙の様式よりも便利かつスピーディに国際登録出願できるようにしています。そのため、WIPOは国際登録出願方法としてMadrid e-Filingを使用することを推奨しています。

利点:

  1. ミスのないデータ自動入力で、登録完了までの時間を短縮 — Madrid e-Filingでは、知財庁の商標登録簿やWIPOのGlobal Brand DatabaseまたはTMviewからデータを検索するように設定することができます。出願人は基礎商標と関連する出願番号や国際登録番号を入力するだけで、全ての関連データが自動的にインポートされます。そのため、知財庁はミスのない基礎商標と同一の商標データを受領し、迅速かつ効率的に登録手続を進めることができます。
  2. 欠陥通報のリスクを下げる– Madrid e-Filingは出願人が必須情報(指定国及び基礎商標の詳細情報により異なります)を不備のない状態で申請するのに役立ちます。出願に関係のない入力欄は表示されませんので、ユーザーにとって出願手続がより簡単になります。

    同様に、必須情報(たとえば、色彩付きの商標向け手数料や指定国から提出を求められた追加書類)に不備のある出願書類は申請することができないため、欠陥通報のリスクを下げ、出願人の時間を節約し、費用を削減します。
  3. あらゆる言語でインターフェースをカスタマイズ可能 — WIPOでは、Madrid e-Filingのユーザーインターフェースを各知財庁が使用している言語に完全無償で翻訳できるようにしました。知財庁が使用している言語がマドリッド制度指定の出願言語(英語、フランス語、スペイン語)と異なる場合、この機能は非常に便利です。
  4. 欠陥通報をアプリ上でやりとり Madrid e-Filingのこの新機能により、WIPOが発行した欠陥通報をインターフェース上でそのまま受信・対応することが可能になり、出願人にも知財庁にもオール・イン・ワンのソリューションを提供しています。

Madrid e-Filingを導入している知財庁

  • 2020年:アイスランド
  • 2020年:モルドバ
  • 2019年:カナダ
  • 2019年:エストニア
  • 2019年:リトアニア
  • 2019年:オーストリア
  • 2018年:グルジア
  • 2015年:オーストラリア
  • 2014年:ベネルクス三国

詳しくはこちら

Madrid e-Filingを導入している知財庁に関する詳細は、WIPOのMadrid Member Profiles Databaseの加盟国プロフィールページでご確認いただけます。

Madrid e-Filingの導入方法

Madrid e-Filingに関心のある知財庁は、シンプルかつ簡単な手続でシステムを導入していただけます。WIPOは初期評価の段階を通して技術的サポートを提供し、知財庁と緊密に連携しながら、現在のITシステムにMadrid e-Filingサービスを導入する方法をお伝えします。このサービスは完全無償で提供しています。

初期評価後には、カスタマイズした試用版システムが提供されるため、知財庁はサービスを出願人に提供し始める前にシステムをしっかりと試すことができます。さらに、知財庁がGlobal Brand DatabaseやTMviewに既に参加している場合は、商標データをそのまま使うことができるため、Madrid e-Filingの導入がさらに簡単になります。

お問い合わせはこちら

Madrid e-Filingに関する詳細や、試用版システムをお試しになりたい場合は、Contact Madridから、Madrid IT(マドリッド制度情報システム)課の担当者までお問い合わせください。

詳細はこちら