Take your ideas to market

マドリッド制度を活用した商標の国際的な保護の方法

商標を国際登録して自社の商品や役務を保護し、他社のものと差別化することは、海外における商業的利害を保護する第一歩であり、グローバルな事業戦略の成功に不可欠です。

あらゆる規模の企業が商標を通じてブランド価値を伝えています。マドリッド制度は、中小企業の国境を越えた事業拡大や、価値ある知的財産の構築を支援します。これは、有形資産が比較的少ない中小企業にとって、より重要な意味を持つでしょう。
ダレン・タン
ビデオ:商標の国際登録制度について

マドリッド制度による商標の国際登録の8つのポイント

1. 単一手続きによる保護

2. 保護地域拡張の柔軟性

3. 世界規模での保護

4. ポートフォリオ管理

5. コスト節減

6. 一元更新管理

7. 予見可能性に優れます

8. オンライン・ツール

 

マドリッド制度について

世界で150万件以上の商標が国際登録されているマドリッド制度は、輸出事業を行っている中小企業に最も選ばれている商標の国際登録制度です。

マドリッド制度は、複数の輸出先市場においてブランド保護を得るための独自でグローバルな制度です。また、世界中で商標を登録・管理するのための便利で費用対効果の高いソリューションを提供しています。

これにより、商標の名義人、特に中小企業は、商標を国際的に登録し、海外における商標保護の費用を削減することで、貴重な知的財産を構築できます。

マドリッド制度は、中小企業に広く利用され、マドリッド制度を利用している中小企業の86%が国際商標登録件数が3件以下の商標ポートフォリオを有しています。

マドリッド制度で利用可能なリソース

  •  WIPOのGlobal Brand Databaseで、ターゲットとする国における登録商標の情報が検索可能です。

  •  Madrid Goods & Services Manager というオンラインツールで商標保護を求める商品や役務の区分を調べることができます。

  •  Madrid Fee Calculator は料金計算システムで、国際商標登録出願にかかる手数料を計算できます。
  •  Member Profiles Database というデータベースを使って、マドリッド制度加盟国の商標実務(国内法や手続き、一部知財庁が求める特別な要件)に関する情報にアクセスできます。

  •  Madrid Monitorを利用することで、出願人または競合他社の国際登録出願の手続き状況を追跡することができます。

  •  Madrid Portfolio Manager にWIPOのユーザーアカウントで安全にアクセスし、国際登録商標を管理することができます。