IMBERLITA:職人手工芸品から価値を創造するブランディング

人口22,000人のインベルトはプエルト・プラタ州の中心に位置しています。インベルトはドミニカ共和国で最も有名な観光地の一つです。この地域は美しい自然の他に、地域特有の手工芸品でも有名です。

インベルト地域の職人は手工芸品に共通の
ドミニカのテーマを使用します。
(写真: ASOARTEP提供)

ドミニカ共和国の主工芸品はタイナ(先住民族)、スペインおよびアフリカ文化に起源があります。これらの文化の組み合わせが独特な形の芸術表現を生み出しました。強烈な色合いがこの手工芸品の特徴です。手工芸品は全て、木材、鉱物、さらには島を原産とする希少な琥珀などの天然素材から作られています。インバート周辺の鉱山でのみ採取される材料の一つに木のように見える独特な石があります。

その石は堆積砂岩から形成されたタルク(別名「珪化木」)と呼ばれる鉱物です。マッチやナイフなどの簡単な道具を使用して手で成形することができます。職人は、顔のない人形、タイノ族のピース、家族や愛の象徴、チェスのピース、動物、宗教的な彫像など、典型的なドミニカの置物をこの石から作ります。

インベルトの手工芸品は同地域の伝統に定着しています。インベルトおよび周辺地域の伝統的知識と石の彫刻に関するノウハウは1960年代に遡ります。

独特な品質の手工芸品を評価するため、1997年に珪化木職人協会(Association of Petrified Wood Artisans 、ASOARTEP)が設立されました。協会の目的は地域の伝統的文化表現を保護し、インベルト地域の職人と手工芸品の開発を促進することです。

団体商標で価値を獲得する

2011年、ASOERTEPは「IMBERLITA」をインベルトの珪化木手工芸品の団体商標として登録しました。

従来の商標とは違い、団体商標は通常、団体または協会に属し、その使用は団体のメンバーのみに限定されています。その機能は、団体商標が使用されている製品の特徴について一般に表示することです。そのため、通常、団体商標の使用に関して特定の条件を満たすことが定められています。IMBERLITA団体商標の場合、以下の要件を満たす手工芸品を生産するASOERTEPメンバーのみが使用できます。:

  • 手工芸品がナイフまたはマッチのみで手製されたものである。これにより作品の独創性が保証され、地域の労働機会が促進されます。
  • 手工芸品の制作に使用される石はインベルト周辺地域の石鉱山から採取されたものである。これにより手工芸品の特定の生産地が保証されます。
  • 主工芸品は非毒性要素のみを使用して作成される。これにより安全性が保証されます。

団体商標の登録は、地域の職人の生活やビジネスにプラスの影響をもたらしました。

ブランドを通じて、同地域の職人が作品に価値を与える団体的プロセスに参加できるようになりました。ほとんどの職人にはブランドを作ったり、販促活動を行ったりする資金や専門知識がないため、団体商標がなければ作品の付加価値は実現しなかったでしょう。

Pablo Garcia ASOARTEP会長

「IMBERLITAの登録により、職人はブランドで作品の価値を獲得できました。団体商標の使用から10年が経ち、石彫職人コミュニティの条件は改善しました。石の採取、生成、作品の販売のプロセスを通じて、約200件の直接的な仕事を創出してきました。」とMr. Garcia氏は述べました。

Mr. Garcia氏によれば、団体商標を使用することで、購入している物は本物で、購入に使用したお金が地域の職人に支払われることを観光客に保証することができます。さらには、これが同地域の職人技の国際的な認識を高めます。また、これにより模倣品の数も減少しました。

ドミニカ共和国

ASOARTEPはインベルトの職人を対象とした能力開発活動に関して開発機関と協力してきました。手工芸品の生産は、プエルト・プラタの文化観光の発展のための現地の戦略に組み込まれてきました。

2017年、ドミニカ共和国政府はインベルトに主工芸品プラザを設立し、これを地域の職人に捧げました。プラザはIMBERLITA団体商標に基づいた珪化木手工芸品の開発、生産、マーケティングをサポートするために使用されています。また、同プラザはフェア、展示会、文化活動、会議、地域の手工芸品を展示するために企画されたその他の活動にも利用されています。

珪化木産業の発展は、インベルト地域の文化産業および観光業に不可欠な市場を作り出しました。現在、インベルトの紋章でさえ、地域の特徴的要素の一つとして手工芸品を含むように変更されています。