ウガンダの環境に優しいバイオトイレ:廃棄物を高品質の肥料やバイオガスに変換

土壌の劣化、不十分な公衆衛生、クリーンエネルギーへのアクセスの欠如は、アフリカの農家や農村地域に住む人々が直面する重要な課題です。

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団によれば、世界の人口の40%が適切な衛生施設を利用できず、毎年約70万人の子供が下痢で亡くなっています。同時に、世界保健機関(World Health Organization、WHO)によれば、調理や暖房のために木材、作物廃棄物、木炭、石炭などの固形燃料を使用することにより、高レベルの家庭の大気汚染が引き起こされ、毎年430万人が早死に至っています。

Tusk Engineersのバイオトイレは、廃棄物管理の改善と高品質の肥料とバイオガスの生成を通じて、衛生、コミュニティの公衆衛生、生活水準、環境全般を改善します。 (写真:Tusk Engineers提供)

ウガンダの企業、Tusk EngineersのプロジェクトエンジニアであるRachael Nabunya Kisakye氏は、土壌劣化、不十分な公衆衛生、クリーンエネルギーの相互関係を認識し、バイオトイレを開発しました。

「バイオトイレのコンセプトは、エネルギー源があるにも関わらず、それが実際には容易に入手可能だがほとんど利用されていないため、食卓に食事を用意する際にアフリカの女性に大きな負担がかかっていることにヒントを得ました。解決策はバイオトイレです。」とNabunya氏は述べます。

コンセプト

「バイオトイレは、人間の排泄物を取り扱いが安全で、農業に使用できる高品質の肥料に変換するバイオガスダイジェスターに接続した環境に優しいトイレです。同じプロセスで、可燃性ガス(バイオガス)も生成され、これらは調理、暖房、照明に使用できます。この完全なシステムは、エネルギー、衛生、環境、農業生産を1つのサイクルで処理します。私たちはこれを非常に誇りに思っています。」とNabunya氏は説明します。

Tusk Engineersのバイオトイレは、廃棄物管理の改善と高品質の肥料とバイオガスの生産を通じて、衛生、コミュニティの公衆衛生、生活水準、環境全般を改善します。これは、インドや中国のバイオガスダイジェスターや、中国のバイオガスランプ、圧力計、ストーブなど、既製品を組み合わせて作られています。

「バイオトイレは、人間の排泄物を取り扱いが安全で、農業に使用できる高品質の肥料に変換するバイオガスダイジェスター に接続した環境に優しいトイレです。

Rachael Nabunya Kisakye

Tusk Engineersは、その2016年モデルの発表以来、パフォーマンスを向上させるためにいくつかの新しい強化機能を導入してきました。例えば、これらにはメカニカルミキサー、ダイジェスターへの供給パイプの傾斜の改善、3チャンバー沈殿物タンク、臭気を排除するシャッター付きのSATOパンが含まれます。

バイオガスの産出量

45立方メートルのバイオダイジェスターを備えたTusk Engineersのバイオダイジェスターは、24時間で0.15立方メートルのバイオガスを生成できます。家庭で一般的に使用されるバイオガスストーブは、1時間あたりわずか0.15立方メートルのバイオガスを消費します。つまり、45立方メートルのバイオトイレ1台で、20世帯以上の家庭にバイオガスを提供できます。同社は現在、その技術がウガンダ国内そして、国外でも広く採用され、使用されるよう取り組んでいます。

バイオトイレの点検口カバーを作成するRachael Nabunya Kisakye 氏。(写真:Tusk Engineers提供)

環境に優しいイノベーションは、…古くて汚染された調理方法や人間の排泄物の不適切な廃棄に起因する不十分な公衆衛生によって引き起こされた汚染に対処します。つまり、それは私たちが環境に優しい未来を築くのに役立ちます。

Rachael Nabunya Kisakye

知的財産の役割

「私たちはウガンダ登録サービス局(ウガンダの国内知財庁)と連絡を取り、知的財産証明書で当社のイノベーションを保護するプロセスを進めています。他者が当社の作品を模倣するのを防ぐため、これは重要です。また、当社の技術を他者にライセンス供与することで、さらなる収益源を得る機会も発生します。」とNabunya氏は説明します。「これは担保としても機能するため、金融機関からの資金を確保し、システムをさらに開発および展開することができます。」と彼女は付け加えます。

同社は現在、コミュニティ内でテクノロジーを試験運用しており、バイオトイレを建設して、150件以上の家庭用バイオガスダイジェスターと40件の施設用ダイジェスターに接続しています。 (写真:Tusk Engineers提供)

イノベーションと革新的な思考

「イノベーションとは、当面の課題に対処するために利用可能なリソース(テクノロジー、人材、機械)を活用することです。新しいことするだけではありません。地元の課題に対処する能力を持ち、この世界を住みやすい場所にすることでもあります」とNabunya氏は指摘します。

環境に優しいイノベーションは、地球温暖化につながる課題への取り組みに役立つため重要です。また、古くて汚染された調理方法や、人間の排泄物の不適切な廃棄に起因する不十分な衛生状態によって引き起こされる汚染にも対処します。つまり、それは私たちが緑の未来を築くのに役立ちます。

全国展開の願望

同社は現在、コミュニティ内でテクノロジーを試験運用しており、バイオトイレを建設して、150件以上の家庭用バイオガスダイジェスターと40件の施設用ダイジェスターに接続しています。ダイジェスターはサイズ6〜70立方メートルの固定ドーム設計です。

「当社の目標は、ウガンダの農村地域全体に普及させることです。」とNabunya氏は述べました。