WIPOのITシステムの向上

FIT/日本知的財産グローバルファンドは、WIPOのITシステム開発を支援し、セミナーやワークショップを開催して発展途上国での利用を促進してきました。

A high-level meeting of African parliamentarians under the auspices of Japan FIT/IP
(写真: Getty Images/alengo)

WIPOのITシステム開発

WIPOでは、2014年から2019年にかけて、FIT/日本知的財産グローバルファンドを活用したASEAN地域及びアフリカ地域の知財庁への支援において、いくつかのマイルストーンを達成しました。

  • WIPO CASE (調査・審査情報への一元的アクセス) が開発され、ASEAN地域のすべての知財庁で利用可能となりました。
  • 五大特許庁 (IP5: 中華人民共和国国家知識産権局、日本特許庁、欧州特許庁、韓国知的所有権庁、米国特許商標庁)のワン・ポータル・ドシエ (OPD) とWIPO CASEが連結したことにより、IP5のすべての知財庁が保管するデータが同システムから閲覧可能になりました。
  • IP5のグローバル・ドシエ及びWIPOの特許データベース「PATENTSCOPE」からWIPO CASEで登録されている情報へのアクセスが可能になりました。
  • 知財庁が利用できるWIPOの各種ツール (IPAS、WIPO Publish、WIPO File、EDMS) が強化され、知的財産管理、知的財産データのオンライン出願やオンライン公開のためのより良いソリューションとなりました。
  • ASEAN PATENTSCOPEが開発され、ASEANの9知財庁で保管される特許データがASEAN PATENTSCOPE及びWIPO PATENTSCOPEで閲覧できるようになりました。
  • アフリカ地域工業所有権機関 (ARIPO) 知的財産地域データベースが開発され、ARIPO加盟国の14知財庁で保管される特許、意匠、商標に関するデータが閲覧できるようになりました。

WIPO CASE研修

  • 2020年
    • 1月21・22日、インド・ナーグプル (会合資料)
  • 2019年
  • 2018年
    • 3月5~9日、シンガポール・シンガポール (会合資料)
    • 2月26・27日、インドネシア・ジャカルタ (会合資料)
  • 2017年
    • 11月1・2日、マレーシア・クアラルンプール (会合資料)
    • 6月29・30日、ベトナム・ハノイ (会合資料)
    • 4月3~7日、タイ・バンコク (会合資料)
    • 3月6~10日、シンガポール・シンガポール (会合資料)
  • 2015年
    • 2月2・3日、シンガポール・シンガポール (会合資料)

ASEAN PATENTSCOPE

  • 2019年
    • 10月28日~11月1日、ベトナム・ダナン
  • 2018年
    • 10月22~26日、マレーシア・クアラルンプール (会合資料)
  • 2017年
    • 9月18~22日、インドネシア・ロンボク島 (会合資料)