健全な森林のためのグリーンイノベーション

2021/03/19

林業における持続可能な技術に関するWIPO GREENの特集記事です。

(Photo: Getty)

世界の陸地の30%以上を占める森林は、地球の「肺」と呼ばれ、排出された炭素を蓄え、大気中のCO2濃度を低下させる天然の炭素吸収源となっています。陸上の動植物の80%が生息する森林は、世界中の生物多様性にとって不可欠な存在です。また、森林は水循環を調節し、土壌の質を維持し、洪水などの自然災害のリスクを軽減します。また、世界の約16億人が森林に依存して生活しており、経済的にも中心的な役割を果たしています。現在、世界では年間約1,450万ヘクタールの森林が失われており、これはサッカー場2,700万面分に相当し、タジキスタンよりも大きい面積です。この記事では、WIPO GREENが、森林管理のための現在利用可能な環境技術のソリューションと、それらが森林の健全性と生物多様性を高めるためにどのように利用できるかを探ります。

森林モニタリングのための衛星技術

農業や森林資源の特別なモニタリングに使用される衛星技術は、他の方法に比べて、広大な領地を大幅に容易に評価することができることを主な理由として、この分野の主要なトレンドの一つとなっています。衛星画像とAIを利用して、多くの企業が森林火災の早期発見、気候変動の影響分析、さらには伐採に取り組んでいます。

現在世界中で120を超えるパートナーを擁するWIPO GREENパートナーのネットワークに新たに加盟した三菱電機株式会社(日本)の衛星観測技術がデータベースに加わりました。この技術は、地表や海洋を定期的に観測できる観測衛星の撮影データを使って、多様なビジネスを支援するものです。光学画像とレーダー画像の双方を利用することで、防災、農業、森林管理・開発、海洋監視、市街地・インフラ開発など、ニーズに即した最適な情報の提供をすることができます。

三菱電機は、2021年3月15日のプレスリリースで、「バリューチェーン全体の環境負荷低減、製品・システムの省エネ化や社会インフラの構築を通じて、脱炭素化をはじめとする持続可能な未来の実現に貢献する」ことを表明しています。

WIPO GREENユーザーは無料:森林と木のイノベーションフォーラム

2021年4月15日、WIPO GREENのパートナーであるLeonhard Venturesは、森林、木材、木材技術および関連する機会に関するオンラインイベントである第3回森林および木材イノベーションフォーラムを主催します。フォーラムのプログラムは、研究者、政府関係者、企業、スタートアップ企業が含まれています。参加費は180ユーロまで上がりますが、WIPO GREENのユーザーとパートナーは、WIPO GREENについて言及すれば、無料でイベントに参加できます。

まだWIPO GREENデータベースの登録ユーザーではありませんか?アカウントを作成します

「国内外で特許出願数が最も多い企業の1つとして、私たちの努力とWIPO GREENとのコラボレーションが、世界中の環境技術の使用と流通を刺激することを願っています」と三菱電機株式会社知的財産渉外部長の宍戸由達氏は述べています。

WIPO GREENデータベースで利用可能な衛星を利用した技術には、他にも、Satellogicの環境追跡システム(米国)、Dymaxの地理空間データデジタルプラットフォーム(アルゼンチン)、FORESTECHの林業ウェブ管理ソリューション(カナダ)が含まれます。

WIPO GREENデータベースの森林関連技術とニーズ

WIPO GREENデータベースは、世界中の持続可能なソリューションとニーズを集めたカタログです。プロトタイプから市場性のある製品まで、ライセンス、コラボレーション、ジョイントベンチャー、販売に利用できる技術を提供します。また、特定の環境、食料安全保障、気候変動の問題に対処するための技術を探している企業、機関、非政府組織、政府組織が定義したニーズも含まれています。

WIPO GREENデータベースには、生物多様性、生態系の回復、森林生産の分野における40を超える技術と3つのニーズが提出されています。森林関連の技術は、たとえば太陽光発電やバイオガスに木材を使用するなど、材料やエネルギーなどの他のカテゴリにも投稿されています。

アルゼンチンの森林管理戦略

森林面積を増やすことは、気候変動への対策として不可欠な活動であり、アルゼンチンでは地元の関係者が森林保全プロジェクトを実施しています。アルゼンチンは国土が広く、生態系が非常に多様であるため、様々な森林管理戦略が必要とされています。例えば、浅い土壌や石の多い地域に適応したソリューションや、塩分やソディシティ(他の種類の塩分カチオンに比べてナトリウム塩が蓄積すること)の高い条件に適応した技術などがあります。

WIPO GREENデータベースに登録されている森林関連の革新的なソリューションは、4大陸の14カ国から寄せられており、日本からの投稿が最も多く12件となっています。

ここでは、WIPO GREENデータベースに登録されている森林関連の環境技術の例をご紹介します。

WIPO GREENについて

WIPO GREENは持続可能な技術のためのグローバルなマーケットプレイスであり、気候変動に対処する世界的な取り組みを支援しています。WIPO GREENは、そのオンラインデータベースと地域的な活動を通じて、環境技術を求める人と提供する人を結びつけ、グリーンイノベーションを促進し、環境技術の移転と普及を加速しています。是非、毎月配信のWIPO GREENニュースレターを購読ください。