【マドプロ】WIPOとの郵送の停止について

2020/04/01

WIPOは、複数の国とスイスとの間の郵送業務の停止及び公的保健機関のガイダンスに従い、更なる周知があるまでは郵便による発送及び受領をすることができません。

WIPOへのe-mailアドレスの提供

現状下では、WIPOは、マドリッド制度に基づく電子的通信を受領するため、出願人、名義人及び代理人に対し、E-mailアドレスを未だ提供していない者は、e-mail アドレスを提供することを推奨します。出願人は国際出願時にE-mailアドレスを示すことができます。

E-mailアドレスを未だ提供していない出願人、名義人及び代理人は、Contact Madridを通じて提供することができます。

WIPOへの通信

出願人、名義人及び代理人はWIPOへマドリッドシステムに基づく通信を継続できますが、電子的手段でのみ行うことができます。出願人、名義人及び代理人は、Madrid Portfolio Manager(MPM)Contact Madridのオンラインサービスのアップロード機能を利用することにより、WIPOに申請することができます。出願人、名義人及び代理人はまた、e-Paymentやe-Renewal、e-Subsequent designation等の他のオンラインサービスも利用できます。

出願人、名義人又は代理人への通信

WIPOに対しe-mailアドレスを提供することにより電子的通信による受領を選択した出願人、名義人及び代理人に対し、WIPOはマドリッド制度に基づく通信を継続します。

出願人、名義人又は代理人がe-mailアドレスを提供しておらず、電子的通信ができない場合、WIPOは、

  • 出願人、名義人又は代理人がWIPOにe-mailアドレスを提供次第、速やかに記録に関する通信を送付します。
  • 国際出願又は記録の申請に欠陥があった場合、出願人、名義人又は代理人がWIPOにe-mailアドレスを提供するまで当該欠陥を通知しません。

 マドリッド制度のユーザ―への通信についての詳細はこちらをお読みください。

新型コロナウイルス(Covid-19)の最新情報:マドリッド制度

マドリッドユーザ―のための最新情報や重要な情報を把握していただくために、専用ページ「dedicated Madrid webpage on Covid-19」を定期的にチェックしてください。

マドリッド制度のオンラインサービス

事業継続性と応答性を確保するため、出願人、名義人及び代理人はオンラインでやり取りを行うための下記のマドリッド制度のオンラインサービスContact Madridを利用することを強く推奨します。

 

質問又はコメント

WIPOへのご質問等は、Contact Madridを経由して送付してください。