法的措置の成功例

“特許登録詐欺”に関する判決

  • フロリダ州司法長官によって止められたWIPO PCT料金の不正請求詐欺 (PCT ニュースレター 01/2010 (英語版))
Attorney General vs. Federated Institute for Patent and Trademark Registry (FIPTR) (英語版) PDF 2010年8月11日 米国フロリダ州巡回裁判所 (N.° 2006-CA-0858) フロリダ州司法長官は、フロリダ州のPCT出願人に送られた請求書が同州のDeceptive and Unfair Trade Practices Actに違反したとして、“FIPTR – Federated Institute for Patent and Trademark Registry Inc.”に対し訴訟を提起しました。本判決では、本件被害者による1,411件の支払いに関する$2,587,771.29米ドルの返還に加え、民事制裁金として$2,116,500米ドルの支払いが命じられました。 Florida Deceptive and Unfair Trade Practices Act, Chapter 501, Part II, Florida Statutes
  • チェコ共和国最高裁判所によって登録詐欺に関する実刑判決が確定
World Intellectual Property Database (WIPD) s.r.o. (英語版) PDF 2014年9月17日 チェコ共和国最高裁判所 WIPOのロゴマークに酷似し容易に見間違うようなロゴマークを意図的に使用して、商標や特許のデータベース登録のための料金に関する請求書を送り登録詐欺を行ったとして、下級刑事裁判所がWIPD – World Intellectual Property Database, s.r.o.に対して懲役と罰金を命じた判決につき、チェコ共和国最高裁判所は、WIPD – World Intellectual Property Database, s.r.o.の取締役による上訴を棄却しました。 Penal Code of the Czech Republic, Section 268 (1) and (3)(a)